7人組ダンス&ボーカルグループ・BLACK IRIS(ブラックアイリス)が3日、東京・Shinjuku BLAZEでこの日発売されたデビューミニアルバム『METEOR』のリリースイベントを開催した。

【写真】イベントでクールに決めるBLACK IRIS

 2018年3月に初ライブを開催したBLACK IRISは、川崎翔太(※崎=たつさき)、杉本琢弥、早野李勇、半田豪、斉藤広樹、西玲人、浅川真樹からなる7人組。インストアライブやさまざまなイベントに出演するなど精力的な活動を展開している。

 デビューミニアルバムは、12/2付オリコンデイリーアルバムランキングで1位となり、ファンに生報告。会場に集まった800人のファンと喜びを分かちあった。メンバー最年少の浅川が「これまで頑張ってきて本当によかった。まだまだ足りない部分がありますが、きょうから目標を明確に設定して、努力を続けていきます」と終始うれし泣き。杉本は「僕たちは、この空間にいることがすごく楽しいけど、来年は武道館、そして、その次は、もっともっと大きいところへみんなを連れて行きます」とさらなる高みを目指すことを宣言した。

 イベントの最後には、1stミニアルバム表題曲「METEOR」を披露。メンバーは「週間アルバムランキングでの1位獲得へ向けてさらに頑張ります。これからも応援をよろしくお願いします」と誓った。

■BLACK IRISメンバーコメント
▽川崎翔太
グループ初となるCDを発売できただけでも興奮するのに、みんなのおかげで最高の結果を残すことができました。本当にありがとう。

▽杉本琢弥
CDをリリースするということは、自分たちだけじゃなく、いろんな人の助けがあったからこそできたこと。そんな経験をできたことが僕たちをもっと成長させてくれると思う。ファンのみんな、スタッフの皆さんに本当に感謝しています。

▽西玲人
BLACK IRISに入って本当によかった。こんな経験ができて最高にうれしい。

▽早野李勇
なんか涙が止まらないね。みんなありがとう。

▽半田豪
CDをリリースできて次の目標に向けて頑張っていきます。

▽斉藤広樹
きょうはこんなに多くの人が集まってくれて本当にありがとう。CDデビューをこんなにたくさんの人に祝ってもらえて幸せです。

▽浅川真樹
これまで頑張ってきて本当によかった。まだまだ足りない部分がありますが、きょうから目標を明確に設定して、努力を続けていきます。