2019年に「Yahoo!」での検索数が前年に比べ最も上昇した人物・作品・製品などを表彰するアワード『Yahoo!検索大賞2019』の発表会が4日、都内で開催。テレビアニメ『鬼滅の刃』がカルチャーカテゴリー・アニメ部門を受賞した。

【画像】『鬼滅の刃 片羽の蝶』柱たちが冨岡義勇を笑わせようとするシーン

 同作は、2016年2月より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同名漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。

 今年4月から9月までテレビアニメ(全26話)が放送され、来年には続編となる劇場版の公開、舞台公演も控えている人気作。18年6月にアニメ化されることが発表された際のコミックス累計発行部数は11巻までで250万部を超えるくらいだったが、アニメ放送の影響で大きく人気に火が付き現在、2500万部(18巻まで)を突破。また、9月29日時点の累計発行部数は1200万部だったため、この2ヶ月弱で累計部数が2倍以上に跳ね上がる驚異的なペースで売り伸ばしている。

 急上昇の理由についても、4月からテレビアニメ「竈門炭治郎 立志編」が放送され話題となり、続編となる「無限列車編」の劇場公開が決まるなど検索数が急上昇したことがあげられた。