テレビアニメ『ド級編隊エグゼロス』に出演するメインキャスト5人が4日、発表された。主人公・炎城烈人役を松岡禎丞、ヒロインの星乃雲母役を加隈亜衣、桃園桃花役を矢作紗友里、天空時宙役を桑原由気、白雪舞姫役を茅野愛衣が担当する。

【写真】出演に困惑する?加隈亜衣&茅野愛衣ら

 「“HERO”はHとEROで出来ている」をキャッチコピーとした同作は、人々のエロスの源を奪い人類の緩やかな絶滅を企む侵略種族・キセイ蟲に、EROSをHネルギーに変えて戦う高校生・炎上烈人と美少女たちによる思春期HEROコメディー。2017年より『ジャンプSQ.』にて連載中で、“エロス”な描写もあることから映像化は不可能とされていた。

 松岡は「Hネルギーと書いて、『エネルギー』皆さん…、もう分かりますね?これがどういう作品なのかっっ!僕も!もぉぉぉぉぉう!全身全霊で今からHネルギーを溜めっッてッエェッ!!!収録に臨みたいと思います。『溜めろHネルギー!燃え尽きろエネルギー!』この精神で、最高の作品に仕上げてみせますよ。皆様、ご期待ください」と謎の意気込み。

 加隈は「オーディションの時に初めてこの作品を知ったのですが、タイトルを聞いた時にクセ強そう!と思っていました」、矢作は「タイトルが全てを物語っている作品に参加させていただく事になり、大変光栄です!男子諸君に夢と希望を与えられる様、やれる事は全力でやって行けたらと思っております!」、茅野は「原作のセクシーな描写がアニメでどう描かれるのでしょうか…!色々な意味でドキドキです!」と作品イジり。

 桑原は「宙ちゃんはクールな印象があったのですが、漫画のことになるとアツく、表情がいきいきと明るくなるところがとても可愛らしいなぁと思いました。3次元よりも2次元にときめくところは自分にも似ていて共感しかありません…」とコメントを寄せた。

 監督を『川柳少女』や『異世界食堂』で監督を務めた神保昌登氏、キャラクターデザインを『川柳少女』などを手掛けた山本亮友氏、アニメーション制作を『りゅうおうのおしごと!』などのproject No.9が担当する。