『アイドルマスター SideM』の九十九一希役などで知られる声優の徳武竜也(25)が3日、今年いっぱいで声優業を「廃業」すると事務所の公式サイトで発表した。

■声優・徳武竜也の主な出演作

 徳武は「いつも応援して頂いている皆様へ」として、「この度は突然のご報告となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。私、徳武竜也は2019年12月31日を持ちまして、声優業を廃業させて頂くこととなりました」と報告した。

 また、「デビューからこれまで、関わらせて頂いた作品、キャラクター、スタッフや関係者の皆様、そしてなによりも支えて下さったファンの皆様には心から感謝しております」と記す一方で「応援頂いている中、ご期待に応えることができず本当に申し訳ありません。皆様には、どうか、これからも前へ歩み続けるキャラクターや作品を、変わらず愛して頂けますと幸いです」とお詫びも含め呼びかけた。

 その上で「お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です。その宝物を胸に、私自身も新たな道へ進むことが出来るよう精進して参ります改めまして、これまで応援して下さり誠にありがとうございました」と呼びかけている。

 徳武は2016年、新人発掘オーディション『ツキプロ Music Grand Prix 2016』に合格し、「ツキクラ」1期生メンバーとして活動。その後、『アイドルマスター SideM』の九十九一希役や、アニメ『賭ケグルイ』鈴井涼太役などを務めた。