その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)トップ10に「闇営業」が選出された。2日、都内ホテルで行われた表彰式には、一連の騒動を報じた写真週刊誌『FRIDAY』の藤田康雄編集長が出席した。

【一覧表】2019年の流行語 大賞&トップテン

 記念の盾を受け取った藤田編集長は「『闇営業の受賞者は宮迫博之さんではないか?』という言葉もありますが、『FRIDAY』が頂きました。今回は、歴史と権威ある賞に選んで頂き、ありがとうございます」とあいさつ。

 ワードの誕生秘話に話題が及ぶと「今年の6月に最初の記事が出る前に、およそ一ヶ月前に先行取材をしていました。担当記者からタイトルの提案があり、そこで初めて『闇営業』という言葉がありました」と経緯を説明し、「『本当にそんな言葉があるのか?』とネットで検索しましたが、その時の検索ヒット数は“ゼロ”でした」と振り返った。

 記事掲載後は、一連の騒動だけでなく、今年のお笑い界を象徴するようなインパクトを残すワードとなった。藤田編集長は「『FRIDAY』が報じるまで、ほぼ流通していない言葉でした。もしかすると検証はしていませんが新語だったのかもしれません。そういう意味だと、今年の『新語・流行語大賞』として『闇営業』という言葉はふさわしいのではないかと思います」と胸を張っていた。

 トップ10にはそのほか、「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」「タピる」「#KuToo」「◯◯ペイ」「免許返納」「令和」が選出され、“年間大賞”に列島が沸いたラグビーW杯日本大会のチームスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が輝いた。