芸能界が舞台の漫画『きみとゆめみる羊』(作者:柚木ウタノ)が、30日発売の連載誌『りぼん』(集英社)2020年1月号で完結した。作中に登場するアオ、レイア、カンナ、ユリナ、リコの5人のキャラクターが、ホリプロ所属のタレントとして実在し、同名の彼女たちをモデルとした現実にもとづくストーリーだったことが明かされた。そして、1月24日に作中に登場するガールズユニット「821(ハニー)」としてデビューすることが発表された。

【写真】モデルとなったホリプロ所属タレントのグラビア

 今年3月から連載がスタートした同作は、田舎に住む小学6年生の少女アオが、憧れの芸能界を目指してタレントオーディションを受け、夢をかなえていくストーリー。柚木氏のオリジナルストーリー(監修:ホリプロ)として始まったが、実際は2018年開催の「第43回ホリプロタレントスカウトキャラバン」の合格者5人の、オーディションからレッスン、デビューまでを取材し描いた作品だったと判明。

 最終回では、アオが5人組ガールズユニット「821」としてデビューし、活躍する姿が描かれたが、その中でメンバー本人の写真とともに現実にもとづく物語であることが明かされると、グラビアも掲載された。

 そんな彼女たちは「821」としてデビューし、来年1月24日に都内でデビュー会見を開催予定。2月末には、ユニバーサルミュージックよりデビュー曲となる1stデジタルシングルをリリース予定となっており、オフィシャルサイトもオープンした。