11月28日に発表された『オリコン年間BOOKランキング 2019』ジャンル別「写真集」では、TOP10内に坂道グループ関連の作品が7作ランクイン。昨年のTOP10内9作に続き、「写真集」ランキングを席巻した。

【写真】日向坂・かとし、ささく、ささみ、おたけが“青春ハグカット”

 なかでも注目したいのは、2位に『欅坂46 ファースト写真集『21の未完成』』(期間内売上15.7万部)、3位に『日向坂46ファースト写真集 立ち漕ぎ』(同13.9万部)と、グループ全体の写真集がランクインしたこと。昨年の同ランキングで1位を獲得した『乃木坂46写真集『乃木撮 VOL.01』』に続いて、欅坂46、日向坂46の写真集が上位にランクインしたことは、シーンのなかで“坂道グループ”の人気を改めて示したといえるだろう。

 欅坂46は、昨年11月の発売後、初週9.9万部を売り上げ、2018/12/3付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」で1位を獲得すると、その後も上位をキープ。昨年12月に2期生が加入し新たな展開を見せる一方、恒例の野外ワンマンライブ『欅共和国』や、全国ツアーに追加公演での初の東京ドームライブなど精力的に活動を展開。ソロとしても渡邉理佐、小林由依の写真集が年間ランキングで4位と9位に入るなど、メンバーそれぞれの活躍がグループ全体の活動の幅を広げ、上半期ランキング同様2位を堅守した。

 日向坂46は今年2月にグループ名「けやき坂46」から改名。1つの独立したグループとして世間から認知されていく重要な時期に発売された写真集は、初週9.5万部を売り上げ、9/9付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」で1位を記録。以降、年間ランキング集計最終週までTOP10をキープし続け、発売から約3ヶ月間の集計ながら欅坂46を猛追するほどの大ヒットとなった。

 欅坂46、日向坂46が躍進を遂げる一方で、12月17日には、『乃木坂46写真集『乃木撮VOL.02』』が発売される。昨年年間1位に輝いた作品の第2弾だけに、発売前から期待が高まっており、早くも来年の年間ランキング上位をうかがうビッグタイトルとなりそう。来年の「写真集」シーンも、乃木坂46、欅坂46、日向坂46が高いレベルでしのぎを削り、けん引していくことは間違いなさそうだ。