『海底大戦争』『人造人間キカイダー』『秘密戦隊ゴレンジャー』『太陽戦隊サンバルカン』など、数々の作品を手掛けた特撮監督の矢島信男さんが28日、死去した。91歳。29日、日本アカデミー賞協会が公式ツイッターで訃報を伝えた。

【写真】歴代スーパー戦隊レッド大集合(1999年まで)

 ツイッターでは「特技監督の矢島信男さんが11月28日に逝去されました。長年にわたり映画・テレビにおける特撮技術の基礎を築かれ、日本アカデミー賞では第34回に『#協会特別賞』を受賞されています」とし「謹んでご冥福をお祈りいたします」と記した。

 矢島さんは埼玉県出身。1965年に特撮研究所を設立。2006年には第4回文化庁映画賞・映画功労表彰を受賞した。