俳優・山下智久が主演し、興行収入93億円、2018年邦画ナンバーワンヒットとなった『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が12月7日の午後8時からフジテレビ系にて完全ノーカットで地上波初放送されることが、わかった。また午後7時からは緊急医療の現場でドクターヘリに乗り込んで活躍する“真実のフライトドクターたち”に密着したドキュメンタリー『実録ドクターヘリ緊急救命2-命の現場最前線-』が放送される。

【写真】ドキュメンタリーでは本物の“命の現場”が映し出される

 『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は、2008年にドラマ化して以来、“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちが真摯(しんし)に命と向き合う姿が大きな反響を呼んだ人気ドラマシリーズ。

 フライトドクターを目指し、翔陽大学附属北部病院救命救急センターに藍沢耕作を山下が演じるほか、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介、フライトナース役の比嘉愛未らがぶつかりながらも絆を深めていく姿を描く。

 シリーズ誕生から10年を経て昨年公開された劇場版ではシリーズ最大の事故となる成田空港と、東京湾・海ほたるの、『空』と『海』を舞台にした未曽有の大事故連続発生の様子と、それらに立ち向かい、成長する藍沢らの姿が反響を呼び大ヒットを記録した。

 一方ドキュメンタリーではドクターヘリ最前線の闘いを描く完全新作。映画の内容にちなみ、緊急医療の現場で“ドクターヘリ”に乗り込んで活躍する“真実のフライトドクターたち”に密着。舞台となったのはコードブルーシリーズの医療監修をつとめた日本医科大学 千葉北総病院で、日本で初めてドクターヘリを本格運用した病院でもある。昨夏に続く第2弾となっており今回も、実際の修羅場の数々、そして新人フライトドクターの挫折と苦悩の成長物語にカメラが迫る。