人気漫画『ドラえもん』の世界初となるオフィシャルショップ『ドラえもん未来デパート』が12月1日に東京・お台場のダイバーシティ東京 プラザにオープンする。それに先立ちきょう29日に内覧会が行われた。

【写真】大好物の大型どら焼きを再現!どこでもドアも

 『ドラえもん未来デパート』は、コミックスやテレビアニメ、映画の世界観を表現した体験型店舗。世代や国籍を超えた世界中の方が楽しめるショップとしてグッズなどの販売だけでなく、作品に登場するひみつ道具を使用しているかのような感覚を味わうことができる。

 店内は大きく3つのゾーンに分かれ、年齢や性別を問わず楽しめるようになっており、エントランスでは、ドラえもんがゲストをお出迎え。エントランスを抜けると広がるのは、ひみつ道具の性能を遊び体験できるアトラクションゾーン『ひみつ道具ラボ』。ここではタケコプターで空を飛んでいるような体験、どこでもドアを開けると好きな場所に移動できるような体験ができ、ドラえもんの世界観を堪能できる。

 世界に一つだけのオリジナルグッズを作ることのできる『カスタマイズゾーン』もあり、『ショップゾーン』には、ここでしか手に入らない限定商品を始め、数々の関連グッズがそろっている。

 今回の店舗オープンは来年に『ドラえもん』が生誕50周年を迎えることを記念して企画されたもので、50年の歴史で初めてとなるオフィシャルショップ。それにあわせて、きょう29日に正面入口前に『ドラえもん』のカラクリ時計が設置された。