テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは2日、『2019テレビ番組出演本数ランキング』を発表。昨年と比較して番組出演本数を最も増加させた『2019ブレイクタレント』では、謎解き制作集団AnotherVisionの代表で、“謎解き”の仕掛け人として注目を集める松丸亮吾が、昨年の39本から221本の【182本増】となり、【248本増】となったお笑いコンビの霜降り明星に次ぐ、同部門2位に輝いた。

【一覧表】2019年ブレイクタレントTOP10 番組増加数も

 松丸は、東京大学工学部でメンタリストのDaiGoの弟という肩書きで、フジテレビ系『今夜はナゾトレ』やテレビ東京系『おはスタ』にレギュラー出演。書籍『東大ナゾトレ』シリーズ累計120万部突破するなど“謎解き”ブームのけん引役として活躍しているが、その勢いのままに、10月にスタートした日本テレビ系バラエティー『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』などのクイズ番組を中心に、各バラエティー番組への出演も相次いだ。

 知識量を問うものではなく、幅広い年齢層が参加できる“謎解き”というジャンルならではこそ、あらゆる番組にリーチできる応用力もランクアップに貢献。今月17日よりテレビ東京系にて放送がスタートしたテレビアニメ『ポケットモンスター』では、毎週「なぞときのコーナー」を担当するなど、この勢いはまだまだ続きそうだ。

 【175本増】のお笑いコンビ・EXITが3位、昨年10月期から日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』(月~金 前5:50~8:00)の月曜メインパーソナリティーに就任した風間俊介が【138本増】で4位となっているが、それに続いて【130本増】で“新時代のバラエティー女王”ゆきぽよ(木村有希)がランクイン。ギャルファッション誌『egg』読者モデルとしてデビューし、Amazon Primeの恋愛リアリティーショー『バチェラー・ジャパン シーズン1』に参加したところ、キュートなルックスと明るい性格で一躍ブレイクを果たした。

 今年の上半期の番組出演数が100本を超え、今やすっかりお茶の間に浸透。日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』では、レスリングの吉田沙保里を「人間界の獣」と呼ぶなど、“おバカ”なキャラクターで知られるが、お笑いコンビ・千鳥がMCを務めるABCテレビの『相席食堂』で“初のひとりロケ”を行った際には、奔放なキャラクターはそのままに、礼儀正しい一面もかいま見せ、大悟も「賢いねんな。大事なところはちゃんとキレイに敬語を使っている」と舌を巻いた。

 お笑い第7世代を中心に、芸人勢の躍進が目立つ中にあって、トップ5に食い込んだ“謎解きブームの生みの親”の松丸と“新バラエティー女王”のゆきぽよ。対照的に見える2人が、このブレイクをきっかけとして、来年どのような活躍を見せるか期待が集まる。

■2019上半期テレビ番組出演本数ランキング「ブレイクタレント」
1位 248本増 霜降り明星
2位 182本増 松丸亮吾
3位 175本増 EXIT
4位 138本増 風間俊介
5位 130本増 ゆきぽよ(木村有希)
6位 128本増 Mr.シャチホコ
7位 123本増 チョコレートプラネット
8位 112本増 りんごちゃん
9位 111本増 ミキ
10位 107本増 武田真治

【調査概要】
調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2019年1月1日~11月24日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・放送局所属のアナウンサーは対象外とする
・通販番組出演者は対象外とする
・再放送番組は対象外とする
・ナレーション出演は対象外とする
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/2019/12/02/1550)