NMB48から11月30日をもって卒業する太田夢莉(19)が29日、都内でアイドルとして最初で最後のフォトエッセイ『青』(幻冬舎)の発売記念イベントを開催。成人後に破天荒に生きることを宣言した。

【写真】紙面の一部をチラ見せする太田夢莉

 小学6年生でNMB48の3期生として加入し、“ゆーり”の愛称で親しまれた太田は、12月1日に20歳の誕生日を迎える。7年半、10代のほとんどをアイドル活動に捧げてきた太田が、自身の幼少期、家族、NMB48として活動するなかでの葛藤や喜び、そして、9月4日に東京・NHKホール公演で卒業を発表した前後の心境などを吐露。撮影は千葉・房総で行われ、写真家の前康輔氏が担当。10代最後のきらめきを詰め込んだメモリアルな1冊となる。

 大田は「7年9ヶ月、アイドルとしてNMB48で過ごしてきた。その過ごした時間で感じたこと、アイドルって輝かしい世界に見えるんですけど、実はこういうこともあったとか、自分の今までの人生を語ってきた本。写真も衣装もステキで全部、大満足な一冊になりました」とアピールした。文章が多い予定だった、写真のできがすばらしく、写真もてんこ盛りになった。

 あしたをもってNMB48を卒業する「(25日に)卒業コンサートをさせていただいた。そのときにアイドルとして締めくくれた、後悔はないと実感した。寂しいというより、今まで応援してくださった人に感謝の気持ち」とファンに思いを伝え「今までNMBに費やしてきてよかったなと思います」と晴れやかな表情を見せる

 ただ、エッセイの内容について「明るい話は少なくて…。さわやかな表紙なんですけど、内容はつらかった、苦しかったこととか重い話が多い。卒業発表するまでのこととか」と苦笑い。アイドルとして苦しい部分は見せないようにしていたというが「卒業するので、いいかなと思って(笑)。自分中心で、これ以上、話すことはないぐらい話している」と憑き物が落ちたような笑顔を見せた。

 卒業後も芸能活動するという。ただ、やりたいことが、たくさんありすぎるそうで「お芝居をしたいなと思う。後は服も好きなので服のお仕事にも興味がある」と悩める胸の内を明かし「したいことがたくさんありすぎて、1つに絞らなくてもいいんじゃないかなと思う。いろんなことをやっているけど、どれも中途半端にしない人間になりたい」と展望を口にした。

 また、2日後に迫る20歳になってやってみたいことを問われると「今まで契約書とか全部、親の同意がいることが多かった。なんでも自由にできる」とニヤリ。「破天荒に生きたいと思います。自由っていいですね」と誕生日を心待ちにしていた。