俳優の神木隆之介(26)が主演、浜辺美波(19)と中村倫也(32)が共演する映画『屍人荘の殺人』。大学生の葉村譲(神木)、葉村を振り回すミステリー愛好会の会長・明智恭介(中村)、卓越した推理力で警察からも信頼される女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺)の3人が、山奥のペンション内で起こる止まらない殺人事件の謎を解き明かすミステリー映画が12月13日に公開を迎える。実力と人気を兼ねそろえる3人に、同作の魅力とキャストたちの素顔について迫った。

【動画】息ピッタリの3人!浜辺美波の“かわいい”ところに神木&中村の答えは?

――台本を読んだときの感想を教えてください。

【神木】監督が木村ひさしさんなので、コメディー要素が入るだろうとは思っていました。自分の役を中心に見ていたので、どのくらいそれに反応して、コメディーの一員に加わるのか。そこの押し引きをどうしようかと考えましたね。原作とは違う味があって、すごくすてきな台本になっていたという印象です。

【浜辺】原作の展開が激しいのですが、脚本を見て整理されているなあと思いました。比留子のせりふは現場や監督の指示で変わる可能性を感じたんです。(脚本担当の)蒔田光治さんのスタイルなのですが、それが不思議というか変わっているなと思いました。

【中村】あいだの遊びや現場で発展させられることがたくさんあるんじゃないかなと思っていました。現場に行ったときに、美術や空間が絡んできたときに、新しいものが出てきそうでしたね。あとは、この2人なので早く現場に行きたいなと思える台本でした。

――中村さんは神木さんとは映画『3月のライオン』、浜辺さんとは日本テレビ系ドラマ『崖っぷちホテル!』で共演されていますが、2人の印象は?

【中村】お互い変わり者ですよ。神木さんはみんな知っていると思いますけど(笑)。(浜辺に向かって)自分ちょっと変だと思っているでしょ?

【浜辺】みんなと同じくらいには変かな。ひねくれてはないです。深いところは普通ですよ(笑)。

【神木】僕は『3月のライオン』のときから普通でしょ?

【中村】リュウ(神木)はライオンのときは人に壁を作るキャラ。今回とは立ち位置的に雰囲気の違いはありますけど、リュウ本人は変わらないです。“神木隆之介“というパーソナルが確立されているんですよね。今回も安心して興味を持てるリュウがいました。

■お互いの魅力について

――あらためて神木さんの魅力は何でしょうか?

【中村】シンプルにいいやつ。かわいいですし、フランクで優しいお兄ちゃんだけではない、彼しか持っていないこだわりとか、ある種の闇みたいなものが垣間見えるときに、キュンとしちゃうんです。パブリックイメージと相違ないですよ。

――神木さん、浜辺さんから見た中村さんの魅力は?

【神木】ともくん(中村)は優しいお兄ちゃんです。お芝居のときに特に思うんですけど、小さな動きに敏感な方というか。何か困ったときだったり、せりふが少し不安なときの顔を逃さない。突いてくるかフォローしてくれるかは気分次第ですけど(笑)。こいつ困っているなという顔を見ると、輝くのが伝わってくる。それだけ人のことを見ているんだと思います。

【中村】モテるってことでしょ?

【神木】そうですね! 男女問わずモテると思います!

【浜辺】ドラマのときは、私がずっと焦っていて、面白がりながらフォローをしてくれて。アメとムチを使って引っ張ってくれるんですけれど、何を考えているかはわからないです。柔らかいんですけど1歩踏み込んだことを聞くと、ぐさっとやられそうな何も見えないところもありますね。

【神木】ミステリアス俳優ですね!

【中村】モテるって言っときな!

【浜辺】モテると思います(笑)。

【中村】言わせちゃった(笑)。

――映画では、神木さんと中村さんは劇中では神紅大学の『ミステリー愛好会』に所属しますが、実際に大学に通うならどんなサークルに入りたいですか?

【神木】テニサーに入ってワイワイしたいです! 番組とかで大学生を見ていると、大学生活を楽しんでるなあと思う反面『机上旅行クラブ』を作りたくて。

――机上旅行クラブとは?

【神木】部員たちが定期的に集まって、例えば「京都に2泊3日で旅行に行こう!」となったら、各自どんな交通手段を使って行って帰ってくるかを発表するんです! それで月に1回くらいランダムに実行するのをやりたいですね。行ってみたら違うかもしれないですけど、大学に夢ばかり持っているんですよ。

【中村】俺はリュウのテニサーを見たいなあ。

【神木】僕、お酒飲めないんだよね(笑)。

【浜辺】私は、詳しくは知らないんですけど、サークルの運動部のマネージャーをやってみたいです。

【神木&中村】へえ~

【浜辺】聞くところによると、選手とマネージャーの人数が同じくらいらしくて。何かが生まれそうな予感がするんです。

【中村】恋しかないじゃん!

【神木】大学に対して求めているもののシンパシーを感じますね(笑)。

【中村】自分で立ち上げるとしたらハイキングサークルですかね。季節ごとに小高い丘とか、山とかに行って草花を見てのんびりしたい。

【神木】登山みたいなもの?

【中村】それはしんどいから「はあ~。頂上だあ」くらいがちょうどいい(笑)。

■映画の見どころは?

――最後に映画の見どころを教えてください。

【神木】全体的には何も考えずに、声を出して笑ってもらってもいいし、この人が面白かった、かわいかった、かっこよかっただけでいいので、気軽に楽しんでもらえれば。ただ2ヶ所だけ、監督の指示ではないアドリブがあるのでそれを探してほしいです。

【浜辺】私はラストに泣いてしまって。最初の展開から、その後の謎解きもありますけど、最後のシーンは衝撃的。ぜひ、楽しみにしていてください。

【中村】立浪波流也(古川雄輝)は、同性がイラッとするような漫画から出たようなかっこよさがある。あと、途中から重元充(矢本悠馬)がとある武器を持っているんですけど、なぜそれを選んだのか、ぜひ注目してください!

【神木】あと、池田鉄洋には気をつけろと。

【中村】ほんとにね。池田さん出てきたら目を閉じてほしい。

◆神木隆之介(かみき・りゅうのすけ):1993年5月19日生まれ 埼玉県出身
2006年に映画『妖怪大戦争』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。14年『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』では人気キャラ・瀬田宗次郎を演じた。劇場アニメでは『千と千尋の神隠し』(01年)『ハウルの動く城』(04年)『君の名は。』(16年)などヒット作品に出演。公開待機作に『ラストレター』(20年1月17日公開)がある。
スタイリスト:百瀬豪 ヘアメイク:MIZUHO(vitamins)

◆浜辺美波(はまべ・みなみ):2000年8月29日生まれ 石川県出身
11年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞して芸能界入り。『君の膵臓をたべたい』(17年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほかを受賞し、19年は『映画 賭ケグルイ』『アルキメデスの大戦』などヒット作に出演。公開待機作に『思い、思われ、ふり、ふられ』(20年8月公開予定)、『約束のネバーランド』(20年冬公開予定)がある。
スタイリスト:瀬川結美子 ヘアメイク:鎌田順子 衣装協力:VIVIANO SUE(03-6416-1061)

◆中村倫也(なかむら・ともや):1986年12月24日生まれ 東京都出身
05年、役者デビュー。18年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でブレイク。19年はTBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』『凪のお暇』など話題作に出演。興行収入120億円を突破した『アラジン』の日本語版吹替も担当。公開待機作に『影裏』(20年2月14日公開)、一人7役に挑戦する『水曜日が消えた』などがある。
スタイリスト:小林新 (UM) ヘアメイク:Emiy