BTS(防弾少年団)の後輩で、3月に韓国でデビューした5人組ボーイズグループ・TOMORROW X TOGETHER(トゥモロー・バイ・トゥギャザー、通称TXT)が、来年1月15日に日本デビューすることが決定した。テイラー・スウィフトやアリアナ・グランデなどが所属している、世界的なレーベルリパブリック・レコード(Republic Records)から、日本デビューシングル「MAGIC HOUR」が発売される。

【写真】爽やかな笑顔! TOMORROW X TOGETHERのソロカット

 TXTは、SOOBIN(スビン)、YEONJUN(ヨンジュン)、BEOMGYU(ボムギュ)、TAEHYUN(テヒョン)、HUENINGKAI(ヒュニンカイ)の5人組。スタイリッシュなボーイズグループで、TOMORROW X TOGETHERという名称には「異なるあなたと自分が1つの夢のもと、一緒に未来を作っていく」という意味が込められている。

 TXTが所属する芸能事務所「BIG HITエンターテインメント」にはBTSも在籍。彼らの初の後輩グループであり、BTSを成功に導いた同社の実に6年ぶりの新人グループということからデビュー前より話題となっていた。

 日本では、今年3月4日に発売された韓国でのデビューアルバム『The Dream Chapter : STAR』が、オリコン週間輸入盤アルバムランキングで3週連続1位を記録。今夏には『KANSAI COLLECTION 2019 AUTUMN&WINTER』(8月27日)、『マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN /WINTER』(9月7日)に出演し、日本初となるパフォーマンスを披露するなど、デビュー前より人気を得ている。

 また海外では、デビューアルバムが全世界44の国と地域のiTunesトップアルバムチャートで1位、アメリカビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で140位、「ソーシャル50」で2位を記録するなど、今年デビューした韓国の新人アーティストのなかで最高記録となった。