お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、オードリーの若林正恭による「たりないふたり」が5年ぶりに復活し、今月3日に横浜ランドマークタワーでライブイベント『さよなら たりないふたり~みなとみらいであいましょう~』を開催。同ライブの模様を、12月30日の深夜に日本テレビで『さよなら たりないふたり テレビver.~』(深1:59 ※関東ローカル)として放送することが決定した。

【写真】寄り添い合いラブラブ…微笑ましい山ちゃん&蒼井優

 2010年1月から3月に日本テレビで放送され、ライブも行われた『潜在異色』のスピンオフ企画で始まった「たりないふたり」。人見知りで社交性・恋愛・社会性の“たりない”ふたりが、毎回さまざまなテーマを元に各々のたりない部分を暴露しあいながら、最後はそれらの恥部をすべて漫才に落とし込み披露していた。

 2014年8月に開催した番組ライブ『たりふた SUMMER JAM '14 ―山里関節祭り―』以来、活動を休止していた2人だったが、山里の結婚を受けて、1日限りのライブを開催することを決定。チケットは即完売、ライブ・ビューイングはお笑いライブ史上最高館数の53館、約1万5000人で、同時上映された。本日の本番まで「たりないふたり」公式ツイッターでは山里、若林による丁々発止のつぶやきが繰り広げられ、多くの注目を集めてきた。

 今年6月、山里が蒼井優との結婚で世間を驚かせると、“山里たりてる説”が浮上。9月に、たりないふたり公式ツイッターにて若林が山里をにわかにイジりだし、ライブ本番まで2人が丁々発止のやりとりを繰り広げる展開に。そして迎えた本番では、当初予定されていた舞台上での打ち合わせを若林がすっ飛ばし、約80分と20分、2本の即興漫才で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 漫才では山里のことを散々イジっていた若林だったが、今月23日深夜、自身のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』にて、「いい夫婦の日」にあたる22日に入籍したことを発表。8月から交際、10月末から同せいをしていた上に、山里への事前報告で、妻が女優であるという“ウソの匂わせ”をして騙したことを明かし、11月の漫才中に発していた「ゼクシィを買って帰る」「ご指導ご鞭撻のほど」を使うなど、「たりないふたり」のネタもたっぷり盛り込まれた。

 これをリアルタイムで聞いていた様子の山里は、自身ツイッターにて「なぁ、お前マジか…」と心の声をつぶやいたところ、7万を超えるリツイートが。「とりあえず漫才お待ちしています。」「あの漫才を思い出す。あいつ、やってんなぁ」と連投。この「たりないふたり」の場外乱闘に、ファンは「足りてんじゃねーか!」「たりないふたりが満ち足りてる」「たりないふたり第2章の幕開けだぁ!!」「2人して同じ年に入籍して本当に仲良しだな〜。」など、大いに盛り上がっていた。

 ライブは、チケットが即完だったのみならず、ライブ・ビューイングがお笑いライブ史上最高館数の53館、約1万5000人が見守る中で同時上映されるほどの人気ぶりを見せただけに、テレビ放送を待ちわびる声も。ライブを観られなかった人が楽しめるのはもちろんのこと、ライブを観た人にとっては、若林の見方が180度変わる前代未聞の放送に仕上がる予定だ。