『オリコン年間コミックランキング 2019』の「作品別」では、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』が、期間内売上1205.8万部を記録し、シリーズ初TOP10入りにして初の1位を獲得した。

【手書きコメント】『ONE PIECE』著者の尾田栄一郎氏も『鬼滅の刃』に言及

 本作は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品で、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、家族を人食い鬼に惨殺された炭売りの少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が、唯一生き残ったものの鬼になってしまった妹を人間に戻すため、また家族を殺した鬼を討つために旅する物語。4月からスタートしたテレビアニメが人気に拍車をかけ、原作コミックの売上が拡大。単巻での週間ランキング1位はまだないものの(最高位は最新17巻の2位)、全巻の売上が激増。作品別の月間コミックランキングでは、4月に初TOP10入りとなる5位にランクインして以降、毎月上位をキープし続け、8月には初の1位となり10月まで3ヶ月連続で1位を獲得している。

 『オリコン年間コミックランキング 2019』の「単巻」で1位を獲得した『ONE PIECE』の著者の尾田栄一郎氏は、「最近はいろんな人から今ジャンプ面白いねって言われます。『鬼滅の刃』の盛り上がりはもちろん、ジャンプは今若い作家さん達が熱をおびてます!!」とコメントしている。尾田氏も『鬼滅の刃』の昨今の勢いを感じているようだ。

 その他同ランキングでは、昨年の年間8位に初TOP10入りした『約束のネバーランド』が、初のTOP5入りとなる4位に上昇。上半期同ランキングで初のTOP10入りした『五等分の花嫁』、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』、『転生したらスライムだった件 コミカライズ作品』が、年間でも5位、9位、10位と初のTOP10入りを記録した。

(※)「作品別」は、期間内のコミック売上を作品単位に集計したもので、単行本や文庫、新書などの異なる版型での展開も同作品であれば合算。従来、単行本と文庫版などの売上を別集計していた「コミックシリーズ別ランキング」を拡張するもの。