GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が28日、都内で行われた映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)の「ドキドキドリームNIGHTイベント」に出席。

【動画】“胸キュン”シチュエーションに挑戦した片寄涼太

 片寄をはじめ、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、野田理人、宇佐美卓真、内藤秀一郎らキャスト陣がランウェイをかっ歩。悲鳴にも似た黄色い歓声を浴びた片寄は、ファンの声に手を振りながら応え、センターステージでは、ちゃめっ気たっぷりなポーズを決め、さらに沸かせた。

 また、作風になぞらえて「スーパースターとの憧れシチュエーション」をファンから事前募集。眞栄田に“ヒロイン役”として指名を受けた片寄。「このままどこか一緒に逃げようか」(眞栄田)と、甘いセリフをささやかれると、目をキラキラとさせ、ノリノリな様子。照れ笑いを浮かべながら手を繋ぐと、会場の女性ファンも熱狂した。

 さらに今度は“彼氏役”として胸キュンシチュエーションに挑戦した。「パパラッチに激写される彼女を守る」というお題で、相手役・鈴木と密着する形でコートで包み「僕が君を守るから…」。甘いセリフの連発に会場からは何度も歓声が沸き起こっていた。

 同作は、国民的人気スターと普通の女子高生の秘密の恋を描いた同名恋愛漫画が原作で、『別冊フレンド』(講談社)にて連載中。橋本演じる日奈々は、超・まじめ人間として知られるが、実はおとぎ話のような王子さまとの恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、映画の撮影で日奈々が通う高校に国民的スター・綾瀬楓が来て、エキストラとして参加した日奈々は、彼の飾らない素顔と優しさに引かれていく。一方の楓も、裏表のない日奈々の実直さに次第に引かれていくが、芸能人と一般人の隠れた恋に、思いもよらぬ障害が押し寄せていくというシンデレララブストーリー。