お笑いタレントの今田耕司が、30日放送の読売テレビ『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』に出演。先ごろ東京都内のホテルで開催されたと伝えられている、明石家さんま主催のイベント『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに そして白紙に戻った男を囲む会』の裏側を打ち明ける。

【画像】騒動をお詫び…ツイートで謝罪会見を告知した宮迫

 闇営業問題で吉本興業から契約を解除された雨上がり決死隊・宮迫博之を激励するため、さんまが主催して行われたこのパーティーに出席していた今田が、その一部始終を緊急報告。マスコミには開催を一切伝えず、極秘で準備が進められていたという『囲む会』だったが、テレビ関係者や芸能関係者、今田を含む芸人仲間らおよそ100人の出席者には事前に招待状が郵送されたという。

 今田はそれを危うく「捨てるところだった」と明かすが、実際、ある芸人はうっかり捨ててしまい、必死に探し出すはめになってしまったことが発覚。さらに、「やっぱりバラエティーを作っている人はすごい!」と今田をうならせたテレビ関係者の大ウケスピーチや、片や「だだスベりやった」という芸人軍団のややウケスピーチの実態、盟友・東野幸治との“Wコージ”で場内を爆笑の渦に巻き込んだ“宮迫大糾弾”スピーチなどを激白する。

 またこの日、宮迫と交わした会話も報告。宮迫が少し痩せているように見えたようで、そのことを本人に指摘したところ…。「宮迫、そういうところやぞ!」と今田が思わず説教しそうになったという宮迫の返答が明らかになる。