ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日全国公開)で“国民的スーパースター”綾瀬楓 を演じる。ヒロインの花澤日奈々役の橋本環奈とW主演。国民的スーパースターと一般JK(女子高生)が織り成すリアル・シンデレラLOVEストーリーを届けてくれる。

【動画】片寄涼太 密着インタビュー「鼻かじキス」の真相

――国民的スーパースター綾瀬楓を演じる上で意識したことは?

片寄:新城監督からナチュラルにやり過ぎないで演じてほしいと指示されたので、そこをずっと意識して演じていきました。日奈々と出会って、自然に「この子って面白いな」って思う楓の感情は、自然な笑顔とか橋本さん演じる日奈々を見て思った感情を大事にして演じていきました。

――ご自身もアーティストとして活躍されています。演技で見せる「スター」をどう考えましたか?

片寄:スターって、「余裕」を持った人じゃないですかね。女性に対する「余裕感」みたいなものがあるとスターという風に見えるのかなと。(自分への)パブリックなイメージが今回のような役と出会う機会を増やしてくれていると思うので、(役柄を)続けられることも、ひとつの武器になると思って、臨ませてもらっています。

――作品の重要なシーン「鼻かじキス」のエピソードを教えて下さい。

片寄:原作漫画は鼻をかじるという設定でしたが、それを実写化するのはどうなのか?となりました。映画の台本では「鼻にキス」となっていたんですが、原作通りにやってみないかと自分から提案してみました。

――監督も「鼻かじキス」に賛同されたそうですが、ひとり知らされなかった橋本環奈さんの反応は?

片寄:後にも先にも、あのシーンの日が一番、彼女が取り乱すほど驚いていました(笑)。

――これまで、数々の役を演じてきて心境の変化などはありますか。

片寄:色々な経験を経て、ちょっとずつ自分の中で覚悟が出てきました。「何でも来いっていう」気持ちでいられるようになってきたんですよね。

 映画は「別冊フレンド」で連載中、みきもと凜氏の人気コミックが原作。優等生の日奈々(橋本環奈)は、超まじめ人間として、学校内で一目おかれる存在。しかし、本当は、おとぎ話のような王子様との恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、国民的スーパースター綾瀬楓(片寄涼太)が、映画の撮影で日奈々の学校へやってくる。エキストラとして参加した日奈々は楓の飾らない素顔に恋していき、楓も裏表ない日奈々の素顔に次第に惹かれていく…。