5人組ボーカルグループ・Little Glee Monsterの芹奈、アサヒ、MAYU、かれん、manakaが27日、日本テレビ系で放送される音楽特番『ベストアーティスト2019』(後7:00~10:54)に出演。地上波放送と平行して送るWEBコンテンツ(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、Live Park)番組『裏配信★古坂大魔王の部屋』に登場後、囲み取材に参加した。

【動画】「リトグリOfficial Channel始動!」ティザー映像

 今年の漢字一文字を聞かれたかれんは“戦”と紹介。9月には『ラグビーワールドカップ2019』のNHKラグビーテーマソング「ECHO」をリリースしたことからmanakaは「ビジュアルも曲調すごく強い曲だった。ラグビーが盛り上がるにつれて私たちの気持ちだったりも高まっていった。ここからも良いパワーを2020年に引き継げていけたら」と力を込めた。

 また、7月には結成5周年を迎え、メモリアルイヤーとなった今年を振り返り、MAYUは「今年は武道館2デイズから始まって、2年前に初めて立ったんですけど結成当時からの目標だったので2デイズができてうれしかった。LAでのレコーディングや紅白で1年を締められるのでうれしいことがたくさんあってすごく充実した1年でした。来年も突っ走りたい」と気合を入れ直した。

 なかでも5年を経て一番“変化”したとメンバーから指名を受けたMAYUは「初めて最近金髪したんです。全頭ブリーチをしたのは挑戦。若いうちにいろいろ遊んでおこうと…」と説明。周囲に相談せず思いつきでブリーチしたそうで、manakaは「最初は誰かと思った」と目を丸くし、芹奈は「すごく似合ってる」と絶賛した。

 1年の締めくくりとなる年末には紅白歌合戦出場も控えクリスマスも仕事だというメンバー。MAYUは「いつもスタッフさんがケーキを用意してくださったり、ご飯を食べたりメンバーと過ごすと思います」といい、プレゼント交換などは特にしないそう。一方で、かれんは「メンバーにガトーショコラを作ってきてと頼まれているので今年も頑張ります」と、和やかなムードを漂わせていた。