お笑いコンビのチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が27日、都内で行われたイオン『クリスマスメニュー』記者発表会に、「TT兄弟」ではなく「イオンのサーモン兄弟」として登場。初のカタカナキャラにレパートリーの増加を期待し、全文字制覇を宣言した。

【写真】”Tではなく”サ”…コミカルな動きを見せるチョコプラ

 この日は、イオンがクリスマス全体のコンセプトや新CM、グループ全体で重点展開する「トップバリュ グリーンアイ 生アトランティックサーモン」の商品について商品企画部の松本金蔵氏から説明。サーモンはクリスマスに人気な食品商品だそうで、イオンでは12月の売り上げがこの5年で約1.5倍にまで拡大していることから、今年はサーモンに力を入れてレシピを開発した。

 サーモンをPRするため2人は「サーモン兄弟」として登場し、TT兄弟の「T」ではなくサーモンの「サ」ポーズ、クリスマスの「サ」探しのネタを披露し笑わせた。

 TT兄弟は、7月に漫画誌『コロコロコミック』の宣伝大使に就任した際に『コロコロ』『コミックス』の「C」からCC兄弟を結成しており、今回のサーモン兄弟を含めて企業コラボを展開している。

 サーモン兄弟のネタ披露に松尾は「TT兄弟がネクストステージに行った感じ」と手応えと充実感たっぷり。これからの季節の忘年会では、一発芸としてTT兄弟ネタの需要が予想されることから、長田は「やりきるってことですよね、結局。恥を捨てる」とサーモン兄弟&TT兄弟のコツを伝えた。

 TT兄弟の「T」、CC兄弟の「C」、サーモン兄弟の「サ」など文字ネタを披露していることから、記者から「かるたのように、全部(全文字)できるのでは?」と質問が飛ぶと松尾は「そうなんですよ~、全文字いけますからね!」とドヤ顔。

 続けて長田が「カタカナも言っちゃったので」と話すと、松尾は「このパターンは初めてじゃないですかね?」とレパートリーが増えていくことを予想していた。