7人組ボーカル&ダンスグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが27日、日本テレビ系で放送される音楽特番『ベストアーティスト2019』(後7:00~10:54)に出演。地上波放送と平行して送るWEBコンテンツ(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、Live Park)番組『裏配信★古坂大魔王の部屋』に登場後、囲み取材に参加した。

【写真】「事故ってる…」GENERATIONS、EXITらの“激盛れ”プリクラ

 本番を前に片寄涼太は「今年下半期はたくさんリリースができたのでいい集大成にできるように頑張りたい」と意気込み、数原龍友は「元々は根暗で目立ったことが嫌いな7人なんですけど、こうやって7人集まることでそれぞれのオーラで虹のように輝いてパフォーマンスしたい」とやる気十分。

 白濱亜嵐は「こうやって特番が増えると年末感もでますし来年へのワクワク感が高まってくる。しっかりテレビを通して、僕たちを知らない方もいると思うのでもっともっとGENERATIONSを知っていただけるように頑張りたい」と掲げた。

 また今年を振り返って佐野玲於は「ライブが2回あって、めちゃくちゃ忙しかった。Jr.EXILEのライブのアルバム制作とGENERATIONSとしての活動やツアー、1年中目まぐるしかった。それに加えて個々の露出があったので1年すごい早いな…」としみじみ。「ちょっと休みたい…1年くらい休んでいいんじゃないかな?でもいい経験をさせてもらった」と本音をこぼしつつ充実の表情を浮かべた。

 本番で歌唱する「DREAMERS」にちなみ、過去の自分に向け小森隼は「昨年は初のドームツアーをやらせてもらって今年は5大ツアーや年末に紅白出場だったりさらにチャレンジできることも大きくなった」と感慨深げで「『DREAMERS』を歌唱することで自分たちも夢を実現できている感じがするので、聞いてくださっている方にもパワーを与えて2020年にもつながっていければ」と展望した。