テレビ東京系で10月期に放送中のドラマホリック!『死役所』(毎週水曜 深0:12)。主演の松岡昌宏(TOKIO)が演じるシ村の謎めいていた過去が明かされる第9話、第10話(最終話)のゲスト出演者と内容が発表された。

【写真】第10話(12月18日放送)場面カット

 あずみきし氏の同名漫画(新潮社)を原作に、“死を通して、一人ひとりの生き方を問う”という深いテーマを、個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる。主演の松岡のほか、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんがレギュラー出演している。

 10月16日の初回放送以来、11月6日、13日、20日放送の第4話、第5話、第6話ではツイッターでのトレンド入りを果たし、タイムシフト視聴率も好調。さらに広告付無料動画配信サービス「ネットもテレ東」では第1話~第5話までの合計再生回数が500万回を超え、動画配信サービス「Paravi」でも配信を行っている。

 12月11日放送の第9話では、シ村との因縁がある宗教法人と若者の姿が描かれる「加護の会」(原作第7巻に収録)を放送。劣等感を抱え、人生悩んでいた若者が、宗教法人「加護の会」と出会い、どのような人生を選び、どうしてシ役所に来ることとなったのか? “人間の弱さ”を丁寧に描く。また、そのエピソードから、シ村の衝撃の過去を垣間見ることができる。はたして人間にとっての幸せとは…? そんな人生の命題を問いかけるような魂をえぐる物語。

 第9話には、宗教法人「加護の会」に入信し、人生の意味を見つけながらも、ひょんなことから命を落とすことになる・寺井修斗役で柄本時生。医学部に進学、そのことで兄・修斗の劣等感をあおることになる弟・寺井恭平役で濱田龍臣。「加護の会」で柄本演じる修斗の身の回りの世話をすることになる謎めいた美女・井本縁役で、阿部純子が出演する。

 12月18日放送の第10話(最終話)では、シ役所の良心・イシ間との別れと旅立ちを描いた「お気を付けて」(原作第8巻に収録)とともに、生前のシ村・市村正道と妻・幸子のエピソードも描く。最期の時…イシ間が抱える思いとは? そしてシ村が求めるものとは? シ役所に訪れるお客様だけでなく、シ村をはじめとした職員たちの姿も浮き彫りとなり、「自身に向き合い、納得して次へ進むこと」の大切さと厳しさを教えてくれる。

 そんな第10話には、第9話「加護の会」に続いて登場となる、娘・美幸への子育てに悩み、宗教法人「加護の会」にすがってしまう、画家で生前のシ村の妻・市村幸子(ゆきこ)役で安達祐実。「加護の会」で信者から「お父様」と呼ばれ、市村夫妻にも大きな影響をもたらすことになる教祖・蓮田栄山(はすだ・えいざん)役で吹越満が出演する。