講談社が発行する漫画誌『週刊少年マガジン』と『アフタヌーン』が合同で実施する新人賞「漫画脚本大賞」第4回の応募受付がスタートしている。

【写真】マガジンで連載中の漫画『五等分の花嫁』声優のグラビア

 同賞はタイトル、あらすじ、キャッチコピーなど文字ベースの企画書で応募することができる新人賞で、第1回の開催発表時には「絵が描けなくても応募できる史上初の漫画賞」として話題となった。

 今回は『「絵が描けない」あなたも漫画家になれる!』のキャッチコピーで、大賞は賞金20万円に加え、『マガジン』『別冊少年マガジン』『アフタヌーン』などでの連載が確約されている。

 今回、応募に必要なものは、【1】タイトル、あらすじなどをまとめたA4サイズの企画書1枚、【2】連載1話分の脚本(30分アニメの1話分相当の文章で、小説・脚本など形式不問)、【3】今後の展開案をまとめたA4サイズ1枚の3つだけ。

 WEBのみで応募が可能で、締切は来年1月31日。一次選考が6月14日、最終選考結果発売が7月10日に公式WEBページなどで発表される。