“童貞”なのにセックス・カウンセラーをはじめた主人公を中心に描く新感覚青春エンターテイメント、Netflix オリジナルシリーズ 『セックス・エデュケーション』のシーズン2が、来年1月17日より配信開始される。併せて、個性的なキャラクターが大集合した新ビジュアルが解禁された。

【動画】『セックス・エデュケーション』シーズン1予告編

 同作は、今年1月の配信開始からわずか4週間で世界累計視聴者数が4000万を超え、異例の早さでシーズン2の製作が決定した、英国発のドラマシリーズ。主人公オーティス・ミルバーンは、セックス・セラピストの母ジーンの仕事柄、セックスマニュアルやビデオ、赤裸々な会話に囲まれてうんざりしつつ育った高校生。おかげで性の知識だけは人一倍豊富になったが、実は経験がなく童貞で人付き合いが苦手な陰キャラタイプ。

 ある日、学校で母親の職業がバレてしまう。悩んだ末に、ひらめいたのは、秘かに憧れていた自由奔放な女子メイヴと組んで秘密の「性の悩み相談クリニック」を開くことだった。

 10代のさまざまな性の悩み、同性愛、中絶、家庭問題など、シリアスなテーマ、タブーにも切り込み、今を生きる若者たちのリアルな姿を浮かび上がらせながら、笑って、泣けるエンターテインメントとして、視聴者を魅了している。

 同級生たちの悩みの相談に奮闘していくうちに、自分もまた恋愛、友情、親子関係を学び、自分らしさを見つけて成長していくオーティス。シーズン2では、高校生たちに加えて、大人たちのさまざまな問題も勃発することになり、さらなるタブーに迫っていく騒動が巻き起こる。

 主人公オーティスを演じるエイサ・バターフィールド(『ヒューゴの不思議な発明』『エンダーのゲーム』)、バッドガールの同級生メイヴ役で一躍人気となり、公開予定の映画『ナイル殺人事件』への出演も決定したエマ・マッキー、オーティスの親友でありゲイの青年エリック役の見事な演技が評判のンクーティ・ガトワ、そして『X-ファイル』のスカリー役とは違った強烈な役どころが話題のオーティスの母ジーン役のジリアン・アンダーソンら、おなじみのキャストたちが継続して出演する。