アイドルグループ・乃木坂46が27日、日本テレビ系で放送される音楽特番『ベストアーティスト2019』(後7:00~10:54)に出演。地上波放送と平行して送るWEBコンテンツ(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、Live Park)番組『裏配信★古坂大魔王の部屋』に登場後、囲み取材に参加した。

【写真】生田絵梨花の“美しすぎる寝顔”

 松村沙友理は「裏配信もあって、豪華な出演者の皆さんと共演できて年末が始まったなという感じがあります」と笑顔を見せ、齋藤飛鳥も「古坂大魔王さんが『乃木坂のココがいい!』というポイントを熱弁してくださった。そんなことを思ってくださるなんて思ってもいなかったので、うれしかった。『PPAP』で本当にヒットされている方なので曲を褒めていただいたのが自信に繋がった」と口にした。新内眞衣は「裏配信は何回か出させていただいているんですけど、着の身着のまま行っても全力で受け止めてくれる。何を投げても返してくれるので楽しい時間でした」と絶大な信頼を語った。

 この日は3期生と4期生はコンサートで、番組には1期生と2期生のみが出演する。新内はきのう、松村と齋藤は白石麻衣と一緒にきょう見に行ったそう。松村は「関係者席に座ってメンバーが来るたびに手を振ったら、大園桃子ちゃんが気付いてくれて泣きそうになっていた。めっちゃ喜んでくれてうれしかった」と感慨深げ。

 齋藤は「今回の3期生、4期生ライブは彼女たちにとって大切なライブだというのを言っていて気合がめっちゃ入っていた。いろんな物が伝わってきたので、私たちはこっちでその分頑張らなきゃなと思って来ました」と刺激になったそう。きのうの段階では、仕上がりに満足していなかったことを明かした新内は「きょうは完璧なものを見せていると思う。3期生、4期生も着実に成長しているので、私たちもより成長できるように頑張ります」と決意を新たにした。

 今年はキャプテンだった桜井玲香が卒業し、秋元真夏が新たに就任。変化の多い1年だった。新内は「4期生も入って、もうすぐ1年。いろいろしたけど、変化がある方が乃木坂46としても成長する。よりメンバーとの関係も濃くなった。いっぱい刺激があった年」と振り返り、松村は「今年はメンバーそれぞれドラマだったり、演技の方に挑戦していた。もともとグループで強くあるために、個々で強くあってほしいと、私自身も言っていたし、スタッフさんもそう思って育ててくれていたと思う。それが感じられた1年だったかな」とした。齋藤は「外の人に大きな動きをもらうと、中の人は団結できる。この1年はメンバーがより仲良くなった気がします。だから、みんなの楽しそうな顔を見たり、声を聞いた1年だった。できれば、このまま楽しく年を越せたらいいな」と激動の1年を語っていた。