人気ボーカル&ダンスグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太が来年1月よりスタートするTBS系連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(毎週金曜 後10:00)にレギュラー出演することが決定。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤英明)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマにおいて、松本と考え方や行動が真逆なため何かと反発する“さとり世代”の研修医・田中玲一(たなか・れいいち)役に起用された。なお、片寄はこれが同局連ドラ初出演となる。

【写真】僧侶の役作りのため丸刈りにした伊藤英明

 片寄が演じる玲一は、代々続く医者の家系で自身も後期研修医としてあおば台病院の救命救急に所属。救えない命に諦めの気持ちを持つなど命に対してドライで、たくさんの命を救うため邁進している松本とは考え方や行動が真逆。さとり世代のクールさで松本に対して何かと反発するが、関わり合う中で次第に憧れに近いものを感じていく。

 また、動画配信サービス『Paravi(パラビ)』では片寄が主演を務めるオリジナルストーリー(タイトル未定)の独占配信が決定。本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどを、一人の研修医を通して本編とは違った角度で感動の物語を見せていく。「あの患者は、その後どうなったんだろう?」「あの家族は再会できたのだろうか?」といった「小さな物語」からドラマは展開される。本編の登場人物や各話のゲストなども出演予定となっており誰がどのようなシチュエーションで、オリジナルストーリーに出演するのか。本編とどう絡み合っていくのかにも注目だ。

■片寄涼太コメント

「『病室で念仏を唱えないでください』に研修医・田中玲一役として出演させていただきます。
初めての医療ドラマへの出演で、錚々たるキャストの皆さまとご一緒させていただけるということで良い緊張感と期待感を抱いています。
伊藤英明さん演じる松本とは気が合わない命にクールな研修医ですが、松本のような人間をどこか羨ましく思ったり、どこか殻を破ることのできないような葛藤を持ち合わせているように感じています。
そんな田中の姿は、さまざまな方が変化や成長する過程で感じるものと重なる部分があると思っています。田中自身の成長が多くの方の共感を得られるように、心を込めて演じていけたらと思っています。
そして何より、あおば台病院の一員として、最高のチームワークで作品づくりに臨めるよう、周りの方々からたくさんのことを学んで努力して参りたいと思います。
また、Paraviオリジナルのストーリーでは田中の目線で物語が描かれて、より深く田中についても知っていただけると思うので、そちらもご期待いただけるとうれしいです」