歌手の矢沢永吉(70)が、あす27日に予定していた『EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2019「ROCK MUST GO ON」』浜松アリーナ公演の中止を26日、公式サイトで発表。24日のマリンメッセ福岡に引き続いて、のどの不調による中止となり、スタッフからのコメントが掲載された。

【写真】ファンの「ヤザワ」コールに応える永ちゃん

 矢沢は24日、歌手生活47年で初めて体調不良を理由に公演を中止。「矢沢永吉は必ずステージに戻りますので、どうか少し時間をいただけますようお願い申し上げます」と呼びかけていた。

 26日、公式サイトでは「11/27(水)浜松アリーナ公演中止のお知らせとお詫び」として、「この度は、矢沢永吉の喉の不調により11/24(日)福岡公演が中止となり、大変申し訳ございませんでした。また、ファンの皆様へ多大なるご心配をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪し、「明日の浜松アリーナ公演に関しましては、開催に向けて治療を続けてまいりましたが、本日正午の時点でドクターストップが掛かりました」と発表。

 また、「矢沢永吉は“喉がちぎれてもいいからやりたい”という気持ちでしたが、始まったばかりのツアー、この先に控える公演を考えると、浜松公演まで中止させていただき、治すことを最優先にしなければならない、という答えを出しました」と本人の胸中と、苦渋の決断だったことを明かしている。