アイドルグループ・乃木坂46を今年9月に卒業した初代キャプテンの桜井玲香(25)が26日、2nd写真集『視線』(27日発売・光文社)の発売記念お渡し会前囲み取材に出席。 卒業からまもなく3ヶ月を迎えようとしているが、現在は「アイドルじゃなくなって挑戦できる幅が広がった。そういう意味では(卒業を)決断してよかったな」としみじみ振り返った。

【全身ショット】”ゆるふわ”なワンピース姿で登場した桜井玲香

 今回の写真集は“大人っぽさ”がキーワード。前作から2年半ぶりとなった写真集で大胆なカットにも挑戦している桜井は「卒業後一発目だったので、新しい挑戦をさせてもらった」と撮影を回顧。「卒業してからすぐだったので、(自身の)変化を感じていなかった」とし、写真集を見た乃木坂46のメンバーからは「『ちょっと抜けた』じゃないけど、『違うね』とか言ってもらえた」とにっこり。

 卒業について触れ、「悩みました。グループもメンバーもとにかく大好きだった。安心だし、家族から離れるような。自分の大切なものがなくなるような寂しさがあった」と本音を吐露。乃木坂46の肩書はなくなったが、「そんなに意外と辞めてみたら遠くない感じがする。メンバーとも連絡を取っている。違いはないかなと思いましたね」と後悔はない様子だった。

 解禁になった恋愛について報道陣から質問が及ぶと、「頑張ります! でもあんまり(結婚)願望がなくて、死ぬときまでにいればいいかな(笑)」と話し、会場を笑わせた。

 写真集の撮影舞台は“全米で住みたい街No.1”と称される、自然豊かなアメリカ北西部の都市ポートランド。9月1日の卒業ライブから、ほっと一段落した9月半ばに撮影が行われた。大人の魅力があふれるランジェリーカットや大胆なバスタブシーンにも挑戦している。