女性グループのBiSH、GANG PARADE、EMPiRE、BiS、CARRY LOOSE、WAggが26日、都内で開催された映画『IDOL-あゝ無情-』フェスに登場。この日はミニライブとトークセッションが行われ、圧巻のパフォーマンスで会場に駆けつけたファンを熱狂させた。

【動画】BiSHら、WACK所属アーティスト圧巻の生ライブ

 同作は、BiSHらが所属する音楽事務所・WACKが、3月に開催した合同オーディション合宿の密着ドキュメンタリー。アイドルを目指す少女たちが九州の離島・壱岐島に集まり、過酷なオーディションサバイバル合宿が開催され、参加者たちは、歌、ダンス、マラソンなど、日々の過酷な試練を乗り越えてアイドルへの階段を上っていく姿が描かれる。

 現役メンバーとして同オーディションに参加したBiSHのアユニ・Dは「こんなもの流していいのかという映像がたくさん流れてて…。この映画でしか感じられない感情をたくさん抱くと思います」とアピール。解散した第2期BiSのメンバーで、現在はCARRY LOOSEとして活動しているYUiNA EMPiREは「この合宿は第2期BiSにとってもアイドル人生を賭けた戦いでした。今までの日々を忘れず、いつかここに至るまでの道だったんだと思えるようにグループで協力して前に進んでいきます」と目に涙を浮かべながら誓った。

 トークセッション後には、ミニライブも実施。CARRY LOOSEが「やさしい世界」「CARRY LOOSE」、BiSが「STUPiD」「BiS-どうやらゾンビのおでまし」、EMPiREが「ピアス」「A journey」、GANG PARADEが「LAST」「らびゅ」、BiSHが「オーケストラ」「BiSH-星が瞬く夜に」をリレー方式で披露した。