藤子・F・不二雄さんの人気漫画『ドラえもん』(小学館)の第1巻が、1974年の発売から45年にわたり、5.4ヶ月ペースで毎年重版されていることが26日、わかった。小学館本社で行われた、漫画『ドラえもん』コミックス0巻の発売記念の記者説明会で明かされた。

【画像】ドラえもん誕生の瞬間…おなじみのあの場所から飛び出す!

 1969年に小学館の6つの雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)にて連載をスタートした『ドラえもん』は、22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも苦手な小学生「野比のび太」が繰り広げる不思議な日常生活を描いた物語。

 ドラえもんのおなかにある四次元ポケットから取り出す多種多様な「ひみつ道具」で、のび太を手助けしたりする姿が人気となり、テレビアニメが現在も放送中。漫画は藤子・F・不二雄さんが1996年に亡くなったため、同年で終了した。

 レーベル『てんとう虫コミックス』第1号作品としてコミックス第1巻が1974年8月から刊行がスタートしており、今年11月までの段階で246刷されている。来月には247刷されることも決まっており、小学館の『ドラえもん』担当者によると「『てんとう虫』コミックスが刊行されてから今年で45周年。雑誌のようなペースで重版をしています」と説明した。

 「当時とほとんど変わらない姿で世の中に出続けているコミックスは、私は知りません。ほかの作品で装丁を変えながら今でも読まれているロングセラーは世の中にありますが、ほぼ45年間変わっていない単行本は珍しいと思います」と業界でも異例の作品になっていると明かした。

 96年までに全45巻を発売しているが、コミックス第1巻が圧倒的に売れており「小学館の中では刷り数と発行部数が一番多いです」と話した。

 なお、『ドラえもん』は各雑誌の対象読者別に描き分けられていたため、6種類の異なる第1話が存在している。