俳優の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾3人によるAbemaTVのレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#21』が、12月1日午後5時から放送決定。2019年最後の放送となる同放送回では、“大の映画好き”であり、自身も数々の映画に出演している稲垣が、映画監督や作家をゲストに迎えトークを展開する「インテリゴロウ」を放送する。

【写真】同放送では「Mattレース」も開催予定

 今回の「インテリゴロウ」ゲストには、数々のベストセラーを手がけてきた幻冬舎の箕輪厚介氏が登場。編集者である箕輪氏が「この本を作ろう!」と思うきっかけや、作品作りへのこだわり、そして累計約100万部ヒットの秘訣などを、稲垣と共に存分に語る。

 同番組初出演となる箕輪氏は「小さい頃から、テレビの向こう側にいらっしゃった稲垣さんと一緒にお話しすることができて、大変楽しかったです。稲垣さんが何を考えているか、自分の考えになんとおっしゃるのかを楽しみにしながらお話しすることが出来ました!」とコメント。稲垣のSNSには、「楽しみな対談!」「放送が待ち遠しい」など、箕輪氏との共演を楽しみにするファンからのコメントが多く寄せられている。