NHKで放送中の連続テレビ小説『スカーレット』(月~土 前8:00 総合ほか)。第8週「心ゆれる夏」(第43回~第48回:11月18日~23日)を振り返る。

【写真】第8週から登場した新キャラ・十代田八郎(松下洸平)

 喜美子(戸田恵梨香)が絵付け師の深野(イッセー尾形)の弟子になって3年。21歳になった喜美子は修行の末、絵付け師の下っ端として認められ、忙しい毎日を過ごしていた。丸熊陶業の火鉢生産は好調で、喜美子は深野から火鉢の新デザインを考えるよう言われる。それから数日、喜美子は妹の直子(桜庭ななみ)や百合子(福田麻由子)に家事を手伝ってもらい、デザイン案を考える。火鉢を使ってくれる人を想像し、喜美子が思いついたデザイン案は、その後、採用されることに。

 幼なじみの照子(大島優子)は、お見合いの末、敏春(本田大輔)が婿入りして結婚。夫に尽くす照子の変貌ぶりに、喜美子があ然とする場面も。役場勤めの信作(林遣都)は、火まつりのことで頭がいっぱい。そんな中、信作の両親・陽子(財前直見)と忠信(マギー)が謎のへそくりを巡って大ケンカ。実は、喜美子の母・マツ(富田靖子)が娘たちのために密かに貯めていたお金だったことが明らかになる。

 喜美子の妹・直子(桜庭ななみ)は東京で就職することに。荷物をまとめながら、父・常治(北村一輝)と見送りについてもめていたが、マツのへそくりを使って、常治が東京まで同行することに。

 事業拡大を図る丸熊陶業には、3人の若手社員、藤永一徹(久保山知洋)、津山秋安(遠藤雄弥)、十代田八郎(松下洸平)が入社する。絵付け係の部屋で深野と対面した八郎は、なぜか固まってしまう。その後、訪ねてきた信作の前で、八郎と喜美子が信楽の話題で盛り上がると、信作は複雑な気持ちに。

 若社長の敏春は、喜美子を「信楽初の女性絵付け師」として売り出し、火鉢の販売促進につなげようと、新聞取材の話を持ってくる。勝手に写真撮影まで決められ、喜美子は困惑。常治には秘密のまま、取材日を迎える。近所の女性たちの協力で、見違えるほどかわいく着飾った喜美子の姿に、マツは涙する。

 新聞紙面を飾った喜美子は、敏春のアイデアでニックネームも付けられ、アイドル扱いで担ぎ上げられる。しかし記事には肝心の絵付け師としてのキャリアや師匠の深野の紹介もなく、社内の波紋を呼ぶ。そんな中、新入社員の八郎は喜美子にいら立ちをぶつけるのだった。