あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく、テレビ朝日系実験バラエティー『10万円でできるかな』。きょう25日(後8:30~9:48)の放送分では、ナインティナインの岡村隆史&お笑い界の大御所・西川きよしが人生初の「1000円ガチャ」に挑戦。映画『決算!忠臣蔵』(公開中)でも共演している2人が、芸人魂を燃やしまくり、ロケを盛りに盛り上げる。

【写真】目玉落下寸前のきょとん顔を連発!?

 サービス精神旺盛な岡村&西川は、引き当てた商品が微妙でも大当たりでも、常に全力でリアクション。一緒にロケに参戦したキスマイ・宮田俊哉も、笑いが止まらなかった。そんな中、ロケの最中にまさかの珍事件が発生する。

 岡村が1000円ガチャでは避けて通れない“ある洗礼”を、西川にも受けさせようと画策。何が待っているか知らない西川は、無垢なつぶらな瞳で、まんまと岡村の罠へと飛び込んでいくのだが…。その直後、“目玉がこぼれそうな、きょとん顔”を西川が連発する100%想定外の爆笑ハプニングが!? スタジオのサンド&キスマイも「面白すぎる!」と大爆笑し、サンドの伊達みきおも「ロケの手本」と絶賛していた。

 さらに、今回は「フリマアプリでの物品売却」企画の最新版もオンエア。今回は、「浪花のロッキー」と呼ばれた元豪腕プロボクサー・赤井英和と、第66代横綱の元力士・花田虎上が、フリマアプリに初挑戦。キスマイの横尾渉&千賀健永が赤井邸を、藤ヶ谷太輔&二階堂高嗣が花田邸を訪問し、それぞれの家に眠る“お宝候補の不要品”を最大手フリマアプリに出品し、10万円以上稼げるかどうかを検証する。

 「異種格闘技フリマアプリ・マッチ」ともいうべき今回の対戦。赤井邸では千賀が「赤面ポエム」で商品の説明文を書き、花田邸では藤ヶ谷が「全裸監督」ならぬ「全売り監督」として商品の撮影をバックアップ。不要品をより良い条件で売ろうと奮闘していくが…!?

  “当てたらデカい一発を狙う赤井 vs. 手数多く着実に売っていく花田”。説明文に入れるとアクセス数がぐんとアップする「魔法のワード」や、フリマアプリで最重要視される「写真の撮り方」といった今すぐ役立つ情報も紹介する。