1988年にスタートして以来、伊藤英明、小池徹平、三浦翔平、菅田将暉、犬飼貴丈らを輩出してきた若手俳優の登竜門『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』最終選考会が24日、都内で行われ、昨年の受賞者が凱旋を果たした。

【全身カット】ピンクのワンピースで登場した井手上漠

 昨年の受賞者の中からグランプリの松本大輝、フォトジェニック賞&明色美顔ボーイ賞の坪根悠仁、QBナビゲーター賞の尾形存恆、DDセルフプロデュース賞の井手上漠が登場。大きな歓声を浴びた。

 発表の瞬間を振り返った松本は「グランプリになってからドラマとかに出た。まさか去年まで一般の学生だった自分がテレビに出れるとは…。びっくりしました」としみじみと口にした。

 また、井手上は“かわいすぎるジュノンボーイ”として話題に。「去年のジュノンを終えてから初めてテレビ出演のオファーがあった。SNSでのフォロワーが一気に増えて知名度が上がった。この1年で大きく生活が変わりました」と衝撃の大きさを語った。所属事務所も決定したそうで「これからは演技とかやったことないことをやってみたい」と笑顔を見せた。そして後輩に「このジャンルのまんま、自分らしくぶつけて賞をいただけた。ありのままで輝いてほしい」とエールを送っていた。

 今年で32回目を数える同コンテストでは、「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに1988年にスタート。これまでに武田真治、袴田吉彦、柏原崇、小池徹平、平岡祐太、溝端淳平など多数の男性スターが誕生した。応募資格は事務所に所属してない12歳から22歳の男子で、書類審査を通過した約1000人に面接を実施、『JUNON』(主婦と生活社)本誌や各サイトでの人気投票により105人→57人→35人→18人→11人と絞られ、敗者復活戦を経てファイナリスト15人が決定した。

 この日はお笑いコンビ・霜降り明星が司会のもと、審査員に武田真治(第2代GP)、池田美優らのほか『JUNON』読者審査員、協賛会社審査員、各芸能事務所代表者がファイナリスト15人の中から各賞を選出した。

■『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』各賞
グランプリ:静岡県出身・中学1年生の渡邉多緒さん(12)
準グランプリ:三重県出身・大学1年生の西野遼さん(18)
審査員特別賞:シナモロール
フォトジェニック賞:兵庫県出身・大学3年生の高木裕也さん(21)
OSMIC賞:静岡県出身・中学1年生の渡邉多緒さん(12)
明色美顔ボーイ賞:東京都出身・大学2年生の鈴木克哉さん(19)
QBナビゲーター賞:三重県出身・大学1年生の西野遼さん(18)
DDセルフプロデュース賞:大阪府出身・中学2年生の橋詰昌慧さん(14)
イチナナLive賞:静岡県出身・フリーターの井上頼弥さん(20)