俳優の成田凌が、12月1日放送の日本テレビ系特番『誰も知らない明石家さんま 第5弾』(後7:00)内ドラマの『さんまが泣いた日』で若き日の明石家さんま役を演じることがわかった。さんまと笑福亭松之助師匠、師弟の絆の物語をドラマ化したもので成田が主演、笑福亭松之助師匠役は小日向文世が務め、脚本は芥川賞作家でもある又吉直樹が担当する。

【場面カット】若き日のさんまを成田凌が熱演

 今では日本で知らない人はいない“お笑い怪獣”明石家さんま。同番組では2015年放送の第1弾より、あらゆる手法でさんまの未だに知られざる一面を掘り起こしてきたが、今回は元妻・大竹しのぶとの対談など、さんまの素顔に迫る3つのサプライズロケに加え、恒例の特別ドラマ企画も実施。弟子入り志願以来、距離が離れても、お笑いから離れても、決して切れない師弟関係を二人の数多くの実話エピソードから抽出し、師匠との知られざる絆の物語を描く。

 成田は「こんなにあったかい物語が、本当にあったっていうのがすごいことだなと思いました。さんまさんって、笑顔の状態しか浮かばないので、『さんまが泣いた日』のお芝居での「さんまさん役」というのは、かなり役作りに苦労しました」と迷いながらもさんま役に没頭。

 さんまの代名詞でもある”引き笑い”については「家で練習しても、全然できなかったんですけど、本番できて、すごく安心しました。調子乗っていっぱいやっちゃいましたけど。そこはもう、さんまさんが憑依しました」と自信をみせ「なかなかの緊張感だったんですけど、これをさんまさんと一緒に観るのが、一番緊張しますね」と語っている。

 また松之助役の小日向は、自身の役どころについて「本当に恐れ多いなという感じで」とコメント。「僕は昔から師匠のことは穏やかそうな方だなとずっと思ってまして、今回改めて高座を1つ拝見させていただいたんですけども、とても穏やかな、でも本当にさんまさんが惹かれた師匠なんだなと、とても感慨深く拝見させていただきました」。実際師匠になりきってですね、劇場で高座上がらせていただいたんですけども、ひさしぶりに緊張しましたね」と心境を振り返っている。