J-POPとK-POPを融合する日本発のグローバルアイドル発掘&育成プロジェクト『G-EGG』発表会見とショーケースライブが11月24日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYAで開催され、プロジェクト発起人でありプロデューサーを務めるSUPERNOVAのユナクと、日韓21名の候補生が出席した。

【写真】会見でプロジェクトを熱く語ったユナク

 3年ほど前から『G-EGG』の構想を練っていたというユナクは、「このプロジェクトを通じて世界に通用するグローバルアイドルが作られていく過程と、参加メンバー=G-EGG生が成長していく姿を観てほしい」とプロジェクトへの思いを明かし、候補生については「日本、韓国各地に実際に出向いて、実力と才能だけでなく、このプロジェクトにかける切実な思いが伝わってきた、アイドルとしての可能性を感じた精鋭たちを選びました」とコメント。

 現在はSUPERNOVAとして活動するユナクは、自身が13年の日韓芸能生活で培ってきたアーティストしての視点と自身の直感、さらにはファンからの支持、各界のプロフェッショナルからのアドバイスなどを考慮して選抜していくことを宣言。続いて候補生たちは、それぞれの意気込みを語った。

 会見後に行われたショーケースライブでは、招待された2000人の観客を前に、すでにデビュー経験のある候補生やダンス経験の豊富な候補生たちを含む21人による、さまざまなエンタテインメント要素を盛り込んだ情熱的なパフォーマンスが観客を圧倒した。

 日本と韓国のエンタテインメントを融合して世界に発信することで、国境を超えて愛されるグローバルアイドルを作ろうという今回のプロジェクト。この先、全員参加の合宿やミッション、レッスンなどを通じて切磋琢磨し、成長していく姿を見せていく。

『G-EGG』はMnet Japanにて2020年2月より、東海放送にて2020年春より放送開始予定。