シンガー・ソングライターの星野源が23日、中国・上海のNational Exhibition & Convention Center Hong Arenaでワールドツアー『星野源 POP VIRUS World Tour』(4都市5公演)をスタートさせた。

【ライブ写真】ワールドツアー『星野源 POP VIRUS World Tour』初日フォト

 上海公演は初とあり、星野がステージに登場すると会場は大歓声の渦に。ツアータイトルにもなっているアルバム『POP VIRUS』(昨年12月発売)の表題曲「Pop Virus」で幕を開けると、中国語でのあいさつを挟み、「SUN」「ドラえもん」「恋」といったヒット曲を次々と披露した。

 そして、10月14日にリリースした最新EP『Same Thing』の表題曲「Same Thing」をライブ初披露し、会場の熱気は最高潮に。アンコールでは中国語と日本語で「また上海に来るので、その時は笑顔で会いましょう!」と約束し、鳴り止まぬ拍手喝采に包まれながら熱狂の初日公演を終えた。

 25日にはスペシャルゲストにマーク・ロンソンを迎えるアメリカ・ニューヨーク公演を開催。12月9・10日に横浜アリーナ、12月14日に台湾・台北公演が行われる。