お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(41)が、23日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 深1:00)に生出演し、きのう22日に、15歳年下で看護師の一般女性(26)と結婚したことを発表した。8月に交際をスタートさせ、3ヶ月でのスピード婚となった。

【写真】DVD発売記念イベントの模様

 このところ「嫁がいる」とラジオで話していた若林。この日の放送でも「でもさ、初めて婚姻届書いて思うんだけどさ、あれって同居した日または結婚式あげた日って書く欄なかった?」「婚姻届を中央区に出して、山ちゃん(山里亮太)に電話したのよ」と具体的に話を進めていくことから、相方の春日俊彰もだんだん疑心暗鬼に。結婚を祝福するファンファーレが鳴ると、春日が「どうなってんだよ」と驚きながら祝福した。

 交際にいたる経緯については「8月に付き合うことになったね。カッコいいなと言われちゃうかも知れないけど『ダラダラ付き合うつもりはないんだけど、オレと付き合ってください』って言ったね」と報告。お相手の職業について話題が及ぶと「看護師やってんのよ。夜勤もあるし、忙しいじゃん。全然会えないから、一緒に住もうってなった」と言い、この同居時に、お相手の女性が「確かめなくても大丈夫です」と言ったことがきっかけで「結婚ということになりますよって言った」とプロポーズめいたことを発したという。

 今月3日に横浜ランドマークタワーでライブイベント『さよなら たりないふたり~みなとみらいであいましょう~』では、山里亮太との漫才のオチで「ゼクシィを買って帰る、さらばだ」であったことに触れ「あの後、本当に『ゼクシィ』買って帰ったからね」とコメント。自身の家族と対面した際のエピソードについても「うちの母ちゃんがすげーミスリードするのよ。『こんな気難しい人で大丈夫? ずっと下ばっかり向いてとぼとぼ歩いているような子なのよ』って」と明かした。

 今年4月にTBS系『モニタリング』で、相方の春日がかねてより交際していた女性へのプロポーズを行い、5月11日深夜放送の『ANN』内で婚姻届を提出したことを報告。令和元年にコンビそろって、おめでたい話題が続くこととなった。

 東京都出身の若林は、2000年に春日とナイスミドルを結成。05年にオードリーに改名し、08年の『M-1グランプリ2008』決勝において敗者復活戦を勝ち上がり、準優勝を果たす。以降、多数のバラエティ番組で活躍する傍ら、14年に映画『ひまわりと子犬の7日間』で、第37回日本アカデミー賞話題賞、昨年発売の書籍『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』で斎藤茂太賞に輝くなど、マルチな才能を発揮している。