俳優・成田凌が映画初主演を務める『カツベン!』(12月13日公開)から、成田が“カツベン風”にナレーションをあてた、15秒のTVスポットが解禁になった。

【動画】映画『カツベン!』よりTVスポットが解禁

 日本アカデミー賞で最優秀作品賞など13冠に輝いた『Shall we ダンス?』(1996年)や『それでもボクはやってない』(2007年)などを手がけた周防正行監督がメガホンをとり、活動弁士(通称:活弁)を夢見る青年を主人公にした、完全オリジナル脚本を映像化する。

 キャスト陣は、主人公・俊太郎を成田が演じるほか、映画館館主を竹中直人、その妻に渡辺えり、弁士で酒飲みオヤジを永瀬正敏、イケメン看板弁士に高良健吾、ライバル映画館の親子を小日向文世と井上真央が演じる。さらに俊太郎が持つ謎の大金を巡り、大金を狙う泥棒を音尾琢真が担当し、それを追う熱血刑事を竹野内豊が演じるなど、豪華俳優陣が集結。ヒロインには黒島結菜が抜てきされた。

 解禁された動画では、「さあさあ! みなさん、お立ち合い!」と張りのある掛け声で始まり、井上の微笑みの中「周防正行監督最新作!」の文字が踊る。さらに、逃げる俊太郎や落ちてくる看板に当たる安田(音尾)などの姿も映し出されるなど、ドタバタコメディー感あふれる内容になっている。