俳優の木村拓哉が主演する日曜劇場『グランメゾン東京』の動画配信サービスParaviオリジナルストーリー『グラグラメゾン◆東京 ~平古祥平の揺れる思い~』(◆=ハート、毎週日曜 深0:00)第6話(24日配信)にお笑いコンビ・どぶろっくの江口直人、演劇モデル・長井短が出演することがわかった。

【画像】日曜劇場『グランメゾン東京』相関図

 本編にて平古祥平役として出演するKis-My-Ft2・玉森裕太を主演とする今作では祥平という一人の若い料理人が、仕事に、恋愛に “グラグラ”揺れ動く“若者の甘酸っぱい青春”物語。一流ホテルのブッフェレストランの料理長として働く祥平は、料理人として作りたい料理が作れず、ままならない思いを抱えている。葛藤する中で思い出すのは、3年前にフランスで尾花(木村)の弟子として働いていた時のこと。

 さらに、プライベートでは祥平の婚約者・美優(朝倉あき)とパティシエ・萌絵(吉谷彩子)の二人の女性の間で翻弄され…。そんな平古の胸中を描くとともに、本編で描かれたシーンに至った祥平の心情や言動が描かれるなど本編とリンクしたストーリー展開、本編では描かれていない裏側を映し出される。

 江口が演じるのは、美優が行きつけにしているバーのバーテンダー。美優が祥平とのことを本音で相談できる唯一の存在、という重要な役どころだ。一方、長井は萌絵の大学時代の後輩・杉山胡桃を演じる。胡桃は、萌絵の後輩として彼女の本音を引き出し、物語にスパイスを与える。

 オファーにびっくりしすぎた江口は「本当(マジ)ですか!」俺の驚きの声は、2キロ離れた友人宅まで聞こえていたらしい。この俺が、『グラグラメゾン◆東京』に出演。驚かずにいられるわけはない」と動揺しまくり。「撮影当日。バーテンダー役の俺。押しつぶされそうな緊張感。バーカウンターの中で、ズラリと並ぶこのウイスキーを全て飲み干してしまいたい、そんな衝動と戦っていると、気付けば撮影は終わっていた。視聴者の皆様に、飲んでいただきたいカクテルがあります。『ランジェリーオンザビーチ』カクテル言葉は、“大目に見てね”です」と茶目っ気たっぷりにアピール。
 
 長井も「わたしみたいなじめっとした人間が、こんな華やかな作品に関われることに驚きを隠せません。本当にうれしいです。大好きなモエ先輩を全力でグラグラさせていきたいと思います」と独特のコメントを寄せ、個性的な2人の熱演に注目だ。