EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS、GENERATIONSらも輩出した『EXPG STUDIO BY LDH』を運営する株式会社EXPGと通信学校法人の角川ドワンゴ学園N高等学校が業務提携し、来年4月にダンスを学びながら高卒資格を取得する『EXPG高等学院』を開校することが決定。25日に都内で、同校の学長に就任したTETSUYA(EXILE/EXILE THE SECOND)と角川ドワンゴ学園理事を務める夏野剛氏が会見を行った。

【写真】ガッツポーズで笑顔のTETSUYA

 ダンス、ボーカル、演技、すべての表現者を育成する学びの場として2003年にEXILEによって開校された『EXPG STUDIO』は現在国内12校、海外3校の全15校で展開中。このほど、ネットの高校として高卒資格が取得できるN高が手を組んで、新たなスタイルのスクールとして、ダンスを仕事にしたい人を応援するべく現場に直結したカリキュラム、少人数制、そして高卒資格取得ができる3年制の学校を開校するに至った。

 出願資格は、2020年3月に中学卒業を見込み、または卒業者で、2019年12月16日より第1回募集が開始される。特別講師にはGENERATIONS from EXILE TRIBEの中務裕太やラモス瑠偉、RIKACO、Bobbyらがすでに決定している。“カリスマカンタロー”名義で特別講師も務めるダンサーの神田勘太郎は「LDHらしい布陣でいきたい」と自信。なお、1年目は週3日通学、2年目はレッスンカリキュラム、3年目は現場研修を予定する。

 まさに『踊れる学長』となったTETSUYAも年に数回講義も予定。「初めてお話をいただいたときは自分でいいのかという気持ちもありましたがEXILEとしてのキャリアも10年以上。早稲田大学院でダンス研究をしたり自分の軸にはフィットしていることだと思えた。気合が入りました」と気持ちを新たに。「ダンス合宿とかあってもいいかな? 来年は1年中ライブがあるのに見学としてどこかに来てほしい。自分たちがもっているものだけでもやれることはたくさんあるので今から考えたい」と“学長”としてイメージを膨らませた。

 新しい取り組みに夏野氏は「やりたいことを諦めず資格をとるという、一番いい事例としてあると思っているので積極的に応援していきたい」と意気込み、TETSUYA「EXILEは夢の持つ力を信じているし子どもたちの夢を応援したい。僕らにとってもチャレンジですが少しでも多くの子どもたちの夢の背中を押したい」と熱い想いを明かした。