フリーアナウンサーの宇垣美里が24日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミコン2019』内で行われたコスプレ大会『TOKYO COMIC CON COSPLAY CHAMPIONSHIP 2019』に登場した。

【写真】宇垣美里も興奮!ハガレンのキャラコスプレ

 お茶目な姿を披露する『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ、「怖いか?ポッター」のセリフと言う『ハリー・ポッター』のマルフォイ、ヨチヨチ歩く『スター・ウォーズ』のC-3POなどさまざまなコスプレとパフォーマンスを笑顔の宇垣。その中でポルノグラフィティの「メリッサ」が流れると、「きゃっ!」と即反応し大興奮。

 理由は同曲がアニメ『鋼の錬金術師』の主題歌でアニメ好きとして反応したもので、曲の後にエドワード・エルリック、アルフォンス・エルリックが現れて、劇中さながらの格闘シーンが再現されると手拍子をしながら堪能していた。

 パフォーマンスを終えて宇垣は「曲がかかった瞬間、絶対あの2人だと思いました!テンション上がっちゃいました」とアニメ好きならではの反応だったと明かし、さまざまなコスプレイヤーたちの姿にも「(家で録画したものを)お酒飲みながら見たいです」と語った。