デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの竹内まりや(64)が、大みそか恒例『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場することが22日、NHKから正式発表された。

【紅白特集】出場者一覧 キスマイ、菅田将暉、日向坂46らが初出場

 竹内は特別企画で「いのちの歌」を歌唱する。同曲は2008年のNHK続テレビ小説『だんだん』で、主演の三倉茉奈・三倉佳奈が劇中歌として初披露し、12年には竹内がセルフカバーをした。

 発表から11年が経ち、再びその歌詞に注目が集まっている。家族や友人、もう会えなくなってしまった大切な人たちへ向け「出会えた喜び」と「命への感謝」を歌った歌詞は今春、道徳の教科書に掲載された。

 紅白初出場となる竹内は「デビュー40周年のNHK特番『Music & Life』を制作・演出して下さった誠意ある番組スタッフの方々から、大変熱心なお声掛けと温かい励ましを受け、この度、令和初の紅白に出場させていただく運びとなりました」と経緯を説明。「これまで私を支えて下さったファンの皆様、そして、新しい時代を一緒に歩いてゆく全国の皆様に向けて、深い感謝と共に心をこめて歌いたいと思います」とのメッセージを寄せた。

 番組ホームページでは「いのちの歌」にまつわるエピソードと写真を募集中。12月20日正午締め切り。紅白本番では寄せられたエピソードや写真と竹内が歌う「いのちの歌」がコラボレーションする。