お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が22日、都内で行われた映画『決算!忠臣蔵』の初日舞台あいさつに登壇。「今年中に決算しておきたいこと」を聞かれ「契約問題がずるずると引き伸ばされているんでね、エージェント契約なのか専属契約なのか、今まで通りなのか、ペンを渡されて書けと言われたんですけど保留しました」と吉本興業をめぐる問題について触れて、会場の笑いを誘った。

【写真】まるで天使のよう…ニコッと微笑む石原さとみ

 MCを担当した笠井信輔アナウンサーから「今年中に解決しそうですか?」と聞かれると岡村は「ちょっとずれこむかな?」と回答。その理由を「加藤浩次がどのくら特をしたのか損をしたのか見ているところです」といい、またもや会場は笑いに包まれた。

 さらに石原さとみも「岡村さんの話を聞いていると、私は給料制なのでマネージャーさんに確認したい」と話し、岡村は「歩合にすると送り迎えの車が出ないとかあるんですよ。いますごく調べているんで!」と岡村の知識量に石原も驚きの様子だった。

 同作で、岡村とともにW主演を務めた堤真一は、番宣でバラエティー番組に出演したときに「京都で人力車に岡村くんと乗ったんですけど、なんで石原(さとみ)さんとか竹内結子ちゃんじゃないんだって思いました」とぶつぶつと文句。岡村も「町をまわっているときは笑顔なのに、人力車に乗ると『はあ~』って言ってましたよね!」とツッコんでいた。

 原作は東大教授・山本博文氏による新書『「忠臣蔵」の決算書』で、内蔵助が残した決算書をもとに討ち入り計画の実像を記した作品。堤が内蔵助、岡村が内蔵助を支えた勘定方・矢頭長助を演じ、“予算”と“関西弁”を切り口にした史上初の忠臣蔵が描かれる。

 また、岡村はイベントの冒頭のあいさつで「どうも、ムービースター・岡村隆史です。映画は取り直しをすることなく、公開が迎えらえて幸せです」といい、観客は笑いと拍手で応えていた。

 この日は、濱田岳、横山裕、寺脇康文、中村義洋監督も登壇した。