女優の斉藤由貴、国生さゆり、有森也実が12月21日放送の横溝正史原作、加藤シゲアキ主演のフジテレビ系スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(後9:15)に出演することが決定した。物語の舞台、鬼首村(おにこうべむら)で起こる惨劇に巻き込まれていく由良(ゆら)家当主、由良敦子(ゆら・あつこ)を斉藤が演じるほか、国民的スター歌手、大空ゆかりである別所千恵子(べっしょ・ちえこ/中条あやみ)の母、別所春江(べっしょ・はるえ)役に国生、さらに由良家と対立構図にある仁礼家当主の妹、司咲枝(つかさ・さきえ)役に有森が決定した。3人の“美魔女”たちが醸し出す妖艶さが金田一ワールドの恐怖をより一層かき立てる。

【写真】斉藤由貴ら“美魔女”揃い踏み

 同ドラマは横溝自身が傑作と語ったミステリー作品で、怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれる。3人はそれぞれに年頃の娘を持つ母親であり、娘に言えない“ある秘密”を抱えた裏の顔を持つ人物。ギリギリ均衡がとれていた鬼首村だったが、別所千恵子の帰郷が引き金となり、身も震える惨劇が襲いかかることとなる。

 敦子は、認知症の義母と娘の泰子と三人暮らし。かつては名家として栄えたが、20年前詐欺に巻き込まれて以来すっかり質素な暮らしを強いられている。敦子にとってうれしいニュースは愛する娘、泰子の縁談話。泰子は温泉旅館・亀の湯の一人息子、青池歌名雄(小瀧望)と恋仲であり、そんな娘の幸せを心から願っているが、そんな矢先、泰子が何者かに殺害される悲劇が。失意のどん底に突き落とされた敦子の怒りの矛先は泰子の恋敵だった仁礼文子に向けられ、いよいよ由良家と仁礼家の間にはさらなる深い溝が生じることになる…。

 一方、春江は国民的スターであるゆかりの母で、娘の活躍により今でこそ栄光を手にしたが、20年前に夫の恩田幾三が詐欺を働き、さらに亀の湯の主人を殺害して逃亡を図ったことで、殺人犯の家族として村を追われる仕打ちを受けていた。そんな二人が20年ぶりに帰郷したタイミングで起こった今回の事件。“人殺しの家族”のレッテルを貼られた春江と千恵子に容疑の目が向けられることになる。

 そんななか、泰子の死に続き、咲枝にも悲劇が訪れる・・・。仁礼家を恨む由良家の仕返しなのか?次なるターゲットは誰なのか?村全体が恐怖におののく中、希代の名探偵・金田一耕助は連続殺人の真相を咲枝が知っているはずだと推理。咲枝がこれまでひた隠しにしてきた驚くべき真実とは・・・。

 斉藤は「昔から大好きだった横溝正史作品に参加できてとても光栄です。あの、優美でほの暗い、横溝作品の世界観のひとピースとして、何かしらのスパイスを効かせられたらと思っています」と意気込み。横溝作品への出演が「この仕事を始めた十代の頃からの夢」だという国生は「夢がかなってうれしいです。令和元年の良い締めくくりにもなりました。ありがとうございます」と感謝を語る。

 有森は「咲枝は被害者意識と加害者意識が内包する面白いキャラクターになるぞ、と思いました。実体のぼやけた母と娘の関係は、感情ばかりが上ずって、形式的なスタイルがかえっておかしな表現に映るのでは、とイメージは膨らむばかりです」と撮影を心待ちに。また、「楽しみにしているシーンのひとつは、敦子、春江、咲枝の三人が金田一耕助に呼び出されるシーンです。三人掛けのソファーにできるだけ間を空けて座る三人。同時代を駆け抜けてきた斉藤由貴さん、国生さゆりさんと同じフレームに収まるなんて、今からとてもワクワクしています」と期待に胸を踊らせている。