お笑いコンビ・霜降り明星が21日、今年最も輝いた男性に贈られる『GQ MEN OF THE YEAR 2019』を受賞し、都内で行われた授賞式・記者発表会に出席。授賞式の間は終始いじられていた2人だったが、今年の勢いそのままにしっかり笑いに変えていた。

【写真】田村優選手からパスを受ける霜降り明星・せいや

 授賞式でトロフィーを受け取ると、司会の吉村崇から「じゃあ何かしゃべってください」と無茶ぶりされるも、粗品が「なんやそれ!」とすかさず反応。一方、せいやはスピーチで「2人でGQの撮影していた時、スタッフさんが『違うなぁ』って僕に箱馬の台を乗せていくのが恥ずかしくて…。僕だけ七五三のようだった」と赤面しながら告白し、会場を沸かせた。

 また同じく受賞者でラグビー日本代表の田村優選手から、ラグビーボールでパスを受けることになったせいやは、パスを受け取らずに頭で弾き返すボケをかました。その後にパスを受け取るとは「僕が言うのもおこがましいですが…、本当に日本代表、おつかれさまでした!」とおもむろに国民の声を“代弁”し、詰めかけた報道陣から笑いを誘っていた。

 『GQ MEN OF THE YEAR』は、男性誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)が、読者をインスパイアし、生き方、仕事、スタイル各分野において1年間で圧倒的な活躍をみせた男性に対して贈る賞。今年で14回目を迎えた。

 そのほか、五十嵐カノア(プロサーファー)、石原良純(俳優・気象予報士)、賀来賢人(俳優)、King & Prince(アーティスト)、草刈正雄(俳優)、kemio(YouTuber)、ムロツヨシ(俳優)、横浜流星(俳優)、ラグビーW杯2019日本代表からトンプソン・ルーク選手、松島幸太朗選手、リーチ・マイケル選手が受賞した。