女優・神田沙也加(33)が21日、都内で行われたディズニー映画最新作『アナと雪の女王2』のスペシャルイベントに出席。来日した監督らとイベントに臨んだ神田は、6年ぶりの“再会”に喜び、頬を濡らした。

【写真】制作陣との6年ぶりの再会に涙するも…笑顔の神田沙也加

 来日したのはクリス・バックとジェニファー・リーの両監督、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッコ氏、夫婦で共に作曲家のロバート・ロペス氏とクリステン・アンダーソン=ロペス氏の5人。

 日本語吹き替えで前作に続きアナを担当した神田。前作は「クリエイターの愛情が詰まったものを絶対に日本の皆さんに愛してもらえるという確信のもと、使命感を持ってやらせてもらった」と回顧し、「きょうは私しか日本のキャストはいないが、前作から引き継いだキャスト、2からのキャストも同じ思いで作品作りができたと思う」と話し、妥協せず作品作りに取り組んだことを明かした。

 また、アナ役を担当したことは“人生の分岐点”となったそうで「老若男女にアナを見たと言われる。アナでいられることを誇りに思っている。もう一人の自分ができた。全てが変わりました」と影響の大きさに驚いていた。

 この日は作曲家のロペス夫妻がスペシャルライブが開かれ、メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」を始め、今作で流れる楽曲をメドレーにして披露。駆けつけた観客らは、ロペス夫妻の卓越した演奏と美声に聴き惚れた。また、アナの新コスチュームで着用している“帯”は、日本の着物の帯をイメージ。これにちなみ、今作の物語の季節・秋をイメージしたという帯がプレゼントとして神田からジェニファー監督らに渡された。

 最後のカウントダウンでは、神田らが「アナ雪!」と呼び掛け、観客が「2!」と呼応したのと同時に、秋をイメージしたステージが一気に“冬”の装いに。22日の日米同時公開へ弾みをつけるイベントとなった。

 今作では、前作から3年後が舞台に。アレンデール王国の人々とすっかり打ち解けたエルサは、女王として平和な日々を過ごしていた。だがある日、彼女は自分を呼ぶ“不思議な歌声”に導かれ、妹のアナ、クリストフ、オラフ、スヴェンら仲間とともに自分の持つ力の秘密を解き明かすべく、アレンデール王国を越えて新なる冒険、壮大なミステリーの扉を開ける。