俳優の田中圭が演じる、新人CA・春田創一を巡る、おっさん同士の恋模様を描く、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(毎週土曜 後11:15~深0:05)。23日放送の第4話「4th flight 嫌いになれない私たち」では、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が突然、卓球大会の開催を宣言!? おっさんたちの“愛と憎しみの卓球対決”が幕を開ける。

【写真】卓球対決は大乱闘に!?

 第3話で、降りそそぐ雨の中、春田が副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃してしまった整備士・四宮要(戸次重幸)。四宮は心配して様子を見に来た広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。

 一方、春田のことを好きだと言う娘・緋夏のために、断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をした黒澤。しかし、なかなか嫌いになれなくて…。

 数日後、父親の葬式を終えた成瀬が出社。いつになく素直に、家族の話をぽつぽつと話しだす成瀬を、春田は四宮の誕生日会に誘う。翌日、改めて行われることになった四宮の誕生日パーティーには、胸にフクザツな思いを秘めたおっさんたちが大集結することに。

 無防備かつ無邪気すぎる春田に我慢の限界を迎えた黒澤は、突如「ここらで決着つけようか!」と、卓球大会の開催を宣言する。スマッシュに乗せて、男たちの本音があふれ出す。

 中でも黒澤がライバルに対して暴れ出すシーンでは、ラケットや籠など次々に物を投げ、投げるものがなくなったところで、スリッパまで持ち出し、大乱闘に!? 勝負の行方は?