世界的なファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』の日本版『VOGUE JAPAN』が、“圧倒的な活躍をみせた女性”を選出する『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019』の授賞式が20日、都内で行われ、受賞者の女優の綾瀬はるか(34)、タレントの指原莉乃(26)らが出席した。

【動画】胸元大胆ドレスで美デコルテを披露した綾瀬はるか

 ボルドーのベアトップドレス姿の綾瀬は「大変、うれしく思います。これからも女性として、人として、楽しく、丁寧に人生を歩んでいきたい」と気持ちを新たにした。『VOGUE JAPAN』が創刊20周年ということで、20歳の自分に送りたい言葉を問われると「その時なりの気負いや緊張があったと思う。全力で取り組みつつ、楽しんでと言いたい」とらしく回答した。

 膝上丈ミニスカートで登場した指原は「この賞をいただけると聞いて、急いでジムに4回行ったんですけど間に合わなくて、いつも通りの私でのごあいさつですみません」と軽快に語り「純粋にすごくうれしいです。VOGUEさん20年の唯一の汚点にならないように、これからも努力していきたい」と喜びを語った。また、来年に挑戦したいことについて「賞をいただけたのも、先輩だったり、秋元康さんのおかげだと思っている。秋元さんに感謝の気持ちを返したい。言い方が悪いんですけど、お寿司をおごりたい。今まで、たくさん食べさせてもらったので」とニヤリとしていた。

 キャリアを通して輝いた人に贈られる『VOGUE JAPAN WOMEN OF OUR TIME』に綾瀬のほか、女優で司会者の黒柳徹子(86)、モデルの冨永愛(37)、シンガーソングライターの松任谷由実(65)が、今年に圧倒的に活躍した人に贈られる『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019』に指原のほか、片付けコンサルタントの近藤麻理恵(35)、プロゴルファーの渋野日向子選手(21)、女優の杉咲花(22)、シンガーソングライターのリナサワヤマが、国内外のファッションシーンで活躍する次世代女性を応援する『VOGUE JAPAN RISING STAR OF THE YEAR 2019』にモデルの美佳(18)が選ばれた。司会進行は俳優の城田優とタレントの渡辺直美が務めた。

 松任谷は20歳の自分にメッセージを問われると「自分で言うのも何なんですけど、旧姓で活動し出してブレイクした時。少女のころからの夢は『好きなファッションをして、好きなレコードを聞いて暮らしたい』だった」としみじみ振り返り「ふと気がついたら、そんなふうになってました。でも、『夢は叶ってから長いのもしんどいぞ』と伝えたいですね」と含蓄ある言葉を口にしていた。